no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

vote

top > vote > 「NEXT LEVEL」で、一番好きな楽曲は?

□第十回「「NEXT LEVEL」で、一番好きな楽曲は?」


【アンケート結果】(全投票数;353票)
01位「NEXT LEVEL」(58票/16.4%)
01位「Days」(58票/16.4%)
03位「rollin'」(51票/14.4%)
04位「Rule」(40票/11.3%)
05位「identity」(31票/8.8%)
06位「LOVE 'n' HATE」(28票/7.9%)
07位「EnergizE」(23票/6.5%)
08位「GREEN」(17票/4.8%)
09位「Sparkle」(15票/4.2%)
10位「Curtain call」(11票/3.1%)
11位「Bridge to the sky」(10票/2.8%)
12位「Pieces of SEVEN」(5票/1.4%)
13位「Disco-munication」(4票/1.1%)
14位「Load of the SHUGYO」(2票/0.6%)


01位「NEXT LEVEL」(58票/16.4%)
同票数獲得で1番人気が2つという珍しい結果に。1つ目の1位がアルバムタイトルにもなっている「NEXT LEVEL」。
この人気の要因として挙げられるのが、タイトルにも表われているように、 「歌詞に励まされる。」「元気になれる」「爽やかで自然体、背中をポンと押してくれるような感じが好きです。」 「次のステップへ進む感じがGOOD」「前向きな歌詞に勇気づけられる」「当時久々の爽やかサウンドだった気がする」 「新たな一歩を踏み出す気持ちが描かれた歌詞と春らしい爽やかなアレンジが、相まって好き。」 と、まさしく“次のステージ”へ踏み出そうとするときにピッタリな歌詞と爽やかなアレンジ。

だからこそ、「綺麗な青空を見ながら聞くのが好きです」 「大学生活を始めるときよく聴いた!」「入学式の日、学校に行く前に聞きました(^O^)」 「春!新学期!自転車に乗りながら聞くと良い感じなんです\(^O^)/」 「これから新たなスタートを切ろうとしていた自分の後押しをしてくれた大切な曲です」 のように、聴く人のそれぞれのシーンに寄り添う一曲になるんだろうなぁ、と。
また、「Next Levelは今までのAyuさんと違った柔らかさがあって応援したくなりました」からもうかがえるように、 今の彼女が歌うからこそ、心にすっと馴染むんでしょうね。

この曲はドライブで聴くのが好きです。綺麗な風景や青い空を眺めながらこの曲を聴くと本当に涙が出そうになります。 心が沈んでいる時に優しく背中を押して前を向く力をくれる1曲です。 歌詞はもちろんのこと、終始穏やかだけれど心に訴えてくる美しいメロディーラインも流石D.A.Iだと思います。 Bridge to the skyからの流れや透明感のあるHALのアレンジも好きです。最近のayuの中では一番好きな曲です。」 というコメントが、この曲を全て説明してくれているかと。ありがとうございます(←何)。

高校入学当初、毎日この曲を聴きながら通学していました。パヒュのワンルームディスコとセットでw」 ――「ワンルーム・ディスコ」も新しい生活をはじめるときにピッタリなナンバーですよねー。

始めはあまりツボではなかったけど、ライブで聴いてから変わりました。今はなんだかんだでこの曲がイチバン!」 ――ライブ聴いてから印象が変わった楽曲って、この『NEXT LEVEL』収録曲には多そう。

王道な曲ですが、やっぱりこの曲が一番好きで飽きないです。ライブの本編ラストの青空で明るい演出も好きでした」 ――冒険している楽曲が多い『NEXT LEVEL』だからこそ、王道ソングにはある種の安心感もありますよね。 自分もあのライブの演出は何かと思い出深くて好きです。


01位「Days」(58票/16.4%)
そして、「NEXT LEVEL」と同じ票数を獲得し、ともに1番人気だったのが「Days」。
冬のバラードという王道中の王道だからこそでしょうか、安定した人気を誇っている模様。  それは、「Daysはホント最高!」「捨てがたい曲が多々ありますが、Daysが一番好きです。」「DaysとRuleが2強です。」 「ツアーでインパクトあったりスキになった曲があるけど、やっぱ一番好きな楽曲となればDaysこれでしょう!!」 などのコメントからもうかがえるかと。
また、「私はどうもこのアルバムに馴染めず、この曲ばっかり聞いてましたw」のように、 『NEXT LEVEL』での新境地に馴染めない方にとっては、「Days」のような王道ソングに余計に心惹かれたんだろうな、とも思います。
というわけで、同票数で1位を獲得した2曲ともに、どちらと言えば王道ソングという興味深い結果に。

歌詞にもありますが、「心がとても温かくなる」曲ですね。」 ――アルバムの中で聴くとよりその温かさが際立っているんじゃないかと。

ライブでのキレイな涙が忘れられなくなったので。」 ――この曲での浜崎さんはまさに女優ですよねー。

PVの最後のシーンで泣きます」 ――あのPVの謎解き、発売当時に活発に繰り広げられていた記憶が。  自分はあのPVでのしゅーやたちが練習している場所に駆けつけたときのあゆさんの格好が好きです。 って、そんなの聞いてないですか、そうですか。


03位「rollin'」(51票/14.4%)
上位2曲とは打って変わって浜崎あゆみの新境地とも言える「rollin'」がこの位置に。
この曲がここまで支持を得たのは、何と言ってもあのライブパフォーマンスがあったからこそでしょう。
ライヴの時のコミカルなayuさんの動きが(・∀・)イイ!!」
「ライブで好きになった♪

パフォーマンスが新鮮だし、とにかく壊れた浜崎さんが最高です☆
やっぱりライブのあのパフォーマンスが最高ですねぇ
やっぱりライブのパフォーマンスでしょう!
そりゃ最終日にやってもうた"ろーりん"やろ^^
ライブでの斬新な演出にびっくりしましたが、はまってます。「♪境界線超え」のところの振りが好きです。
今回のアルバムは未だに受け付けない感じなんですが、ツアーでのこの曲のあゆさんのぶっ飛んでる姿がとても好きでした。 これ、同意して下さる方多いかなと思うんですけどw
アルバムを聞いただけでは特別な印象はなかったけど、ツアーでのパフォーマンスを見て聞いて一番はまった曲です!!
というたくさんのコメントが寄せられたことからも分かりますね。

そして、今でこそ、ぶっ飛んだ(爆)パフォーマンスの印象が強いですが、そこで歌っていることは 何ともシビアだったりするのがもう一つの魅力なんじゃないかと。 まさしく、「歌詞と曲調が合っていないところがいい。」ですよね。
冒険しちゃってるアレンジにボーカルアプローチとどこか風刺的な歌詞の“絶妙なアンバランス”さ。 だからこそ、聞く人によっては、「何回も聞きたくなる中毒性があります。今の世の中がまさにこの歌詞のような気がします!」 「聴き込んでいるうちに次第にこの曲の本当の良さがわかってきました!今では一番のお気に入り!」 となるのではないでしょうか。

rollin'→GREENの流れが地味に好きです。」 ――それ、分かりますー!意外といい流れなんですよねー。

ライブでの、カメラにズンズン迫ってくる所が最高です!全公演分見たい位です。笑」 ――あー、全公演入れて欲しいですよねー!もうそれ想像しただけでウケます(笑)。

最初聞いた時Perfumeっぽいなって思いました。 LIVEの眼鏡?も然り。」 ――このアルバムが発売される前、着うたなどで試聴した人たちがPerfumeっぽい曲がある! って言ってたのが気になってて…。アルバムを聴いたとき、「これかなぁ」と思った記憶があります。


04位「Rule」(40票/11.3%)
紅白の彼女はしびれた!!」のように、紅白でのパフォーマンスが記憶に新しい「Rule」が4位に。
2009年コンサートツアーのオープニング曲であゆさんカッコ良すぎでした
ツアーでのアカペラにしびれました!!!
パフォーマンスとPVが好きなんだ
音だけで聞くよりも、ライブや紅白でのパフォーマンスを観て、大好きになりました。 これを聞くと身体からアドレナリンがほとばしる感じです。 ライブの1曲目にぴったりだと思うし、ほんとにテンション上がります。紅白のときの衣装、髪、メイクも大好きな系統でした。
初コンサートの最初の曲だったんでかなり印象深いです:)
Daysか迷ったけどRuleで!!今作はシングル曲が最高にいい。多分FNSでのDaysと何よりMステスーパーライブのRuleにしびれました。 (個人的に最初アカペラで歌うライブVer.がめっちゃ好きです!)
などと、アカペラでの歌いだしが印象的なツアーでのパフォーマンスはもちろん、紅白でのパフォーマンスと、 あの迫力あるステージも手伝ってのこの結果なんだろうな、と。 …あ、自分もアカペラで始まるVer.が好きですねぇ。CDで聴くのがもどかしいぐらいです(笑)。

その一方で、「歌詞はそんなにツボってわけではないのですが、音が好きですねー。」 「伴奏もあゆさんの歌もかなりハードな感じですね。曲自体凄いですけど、J POPとしてこんな曲を出せるのが凄い。」 と、サウンドやボーカルに対するコメントも。 歌詞もそうですけど、サウンドやボーカルかもガツーンと来ますよね(←この表現力のなさ 爆)。

だからこそ、「このアルバム今ではこれまでの中で上位に入ってきたので、迷いましたが、1番は『Rule』かな」 「やっぱり何回聴いてもテンション上がるぅ(゚∀゚) メロディも歌詞もPV最高です!! 」 「すっごくかっこいい曲なので一番好きです♪」と、強さみなぎる楽曲に心揺さぶられるんでしょうね。

鳥山先生が描いたayuが似すぎててぱないっす!」 ――そういえば、映画のドラゴンボールって一体どうなったんでしょう?って、もうそこは触れないほうがいいですか、そうですか\(^o^)/

曲中の沈黙が良い効果を出していると思う。振り付けもかっこいいけど、 もっとあゆは歌を歌うことに専念してもいいのでは?と思うくらいの激しさですね。この曲に限らず。」 ――彼女はまず、ボーカリストであるべきだし、そうあって欲しいですもんね…。

PVの衣装・・・いろいろと布が足りてませんよ? いや、PCDLも酷かったけどw」 ――ツアーでの衣装もいろいろと布が足りてませんでしたねー。しかも公演を重ねるごとに足りなくなっていったような気が(爆)。


05位「identity」(31票/8.8%)
個人的には、曲単位で考えたときに『NEXT LEVEL』で一番好きなアルバム曲だったりする「identity」。
まず、「タイトルからして間違いない!」「タイトル見ただけで、カッコイイ曲だろうなと確信しました☆」 と、「identity」っていうタイトルからして強烈な印象を残しますよね。
そして、そのタイトルに全く引けをとらない歌詞に魅了されている方が多数。  「最初に歌詞を見たとき、IDって!!っと思いましたが、聞いてビックリ。みごとにはまってるじゃねーか!あいでぃー!!」 「歌詞が好き!」「浜崎あゆみはこのようなお方なんだとバンっと正面から迫ってくる曲です。」 「強めの曲が大好物なもんで。笑 歌詞もなかなかいたいとこついてますよね!」からもそれがうかがえます。

というわけで、「ayuのロックはすごい!」「雰囲気が大好き」「何回聞いても大好き!テンション上がります♪」 「初聴きの時から好きでした!「Load of 〜」 ロック3曲の流れが大好きです♪」 「アルバムを初めて聴いたときにビビってきた曲です。私のID ID(oh)ID ID(oh oh oh)が最高です!」 のように、ロック色の強い楽曲が好きな人にとっては欠かせない一曲なのではないでしょうか。 自分もこの曲は、初聴きのときから好きだったりしますねー。

スーターンードーマーイークゥーで見ーたかったーーーーー」 ――もうね、激しく同意ですよ。この曲を最初に聴いたときから、スタンドマイクで歌う彼女の姿を想像してましたから。 今でこそ、ツアーでのあのパフォーマンスも見慣れましたが、初日観たときは、衝撃でした、よくない意味でね…。 この曲にダンサーは必要なかったと今でも思います(イッテシマッタ!)。 出来ることなら、いつか、スタンドマイクでもう一度歌って欲しいぐらい。

特に2番の後の間奏〜が好きです。」 ――今となっては、その部分を聴くと、しゅーやとの絡みを思い出してしまう自分。上で色々言ってるくせにね\(^o^)/

DiscoからidentityをGreenだけ飛ばして編集してリピしてます!GreenはDaysのあとに入れて聴いてます! rollinと迷うけど、やっぱりidentityが一番かなぁ。」 ――おっと、そんな編集で聴いていらっしゃるんですね!c⌒っ*゚ー゚)φ メモメモ...


06位「LOVE 'n' HATE」(28票/7.9%)
「'n'」が何かの顔文字に見えることで有名な(そうなのか?)「LOVE 'n' HATE」。
とりあえず、あのカウントへのコメントが思いのほか多かったのが印象的。 例えば、「ayuさんの英語の発音の良さにうっとり♪」 「カウントする所やhahahaの所が好きです」 「あとは、あのカウントですね!発音がいいし、聴いていてドキッ///とします。ライブでは特にそう感じました。」 「曲自体も最初から好きでしたがLIVEでのスクリーンに映された英数字の演出に心奪われました」などと。  確かに、あのカウント部分は新鮮ですよね。ライブでのスクリーンによる視覚的効果も◎でした。 “あなた”と“あたし”の関係性を数字で見事に表わしたのには、一本取られたなーという気分です。
そして突っ込むべきは、「0(ゼロ)がジェロにしか聞こえませんw」っていう(笑)。 「最初0がジェロに聞こえて笑ってしまったw」 「歌詞カードをジロジロ見ながら聴いてました←ぁれ?」「ジロ(・∀・)♪」と、こちらにも多くのコメントが集まりました。

また、「出だしからねもう!!のび太くんいい仕事しますねぇ。」 「最初のちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃっていうイントロが新鮮でいい。」のように、 イントロからぐいっと惹き込まれるアレンジやメロディ展開に魅了されている方、多数。  「とにかくリズムがかっこいいですっつ★」「曲自体もすごく私好みです!!」「Aメロの入り方が好き。」 「この曲絶対少数派やと思いますが、とりあえずアレンジがめっちゃ好きです〜」 「歌全体で波がある感じがいいね!! 」からもそれが分かるのではないでしょうか。 うん、なので少数派ではないかと思われますよ。

さらに、「迷った末にこれにしました。まず歌詞がすごく共感できます。ちょうどそういうことを思っていたので。」 「まさにこんなカンジの恋してます!!本当に相手の選択は私にとって優しくて冷たかったです><」 と、あの歌詞に自らの体験などを重ね合わせてしまった方のコメントがあったのも一つの特徴かと。

ライブパフォーマンスに鳥肌!間奏で数字をカウントするところ、「4」で振り向いたときの浜崎さんのケワサキっぷりはガチでした。」 ――うん、あれはガチでケワサキですよね。自分は1番から2番の間奏部分での「4 5 6」あたりがツボサキです。 …あ、どうでもいいですか、そうですか。

ライブではみんなのり悪いけど、あたしはこの曲が大好きvv」 ――まぁ、この曲ってどうのっていいか分かんないですもんね。かく言う自分も突っ立って見ていた記憶が。 そして密かにニヤりとしていた記憶が(ぇ。

「始まりと終わり告げる…」のところが好き!」 ――激しく同意ですー!その部分は美メロですよねー!


07位「EnergizE」(23票/6.5%)
ツアーのチアっぽい衣装がかわいくて、最高♪」「なんてったってTOURのayuが可愛い!」というコメントからも分かるように、 チア姿でのパフォーマンスが印象的な「EnergizE」。
そのタイトルに象徴されているように、「前向きな気持ちにさせてくれる〜」 「嫌な事があった日に聞くとめっちゃ元気出る! 」「元気を貰える曲です。」 「聞いてると元気になれるので好きです」「とにかく明るい曲で、元気が出る!特に、英語の部分が好き。」 と、聴く人に明日を生きる活力を与えてくれる曲のようですね。
とか書いてる自分自身は、『NEXT LEVEL』発売直後のレビューで、 「少なくとも私は、この曲では「EnergizE」されません、ごめんなさいね(イッテシマッタ!!)。」とまで言っちゃってますが(←あれ?)。

あんなかわいいチアリーダーなら毎日私のところへ来て応援してください。」 ――じゃあ、自分のもとへはケワサキが来るといいなー(やめなさい)。

今の時代の音楽のスタイルを一番反映している曲だと思う。あゆのこだわりも感じられる☆」 ――それって要はあのアレンジとか歌詞がっていう意味ですかね?

ライブもかわいかったし、盛り上がるし、とにかく曲が好きです!これからもぜひライブの定番曲にしてほしい!」 ――案外、これからのライブで歌われる機会ありそうですね。「STEP you」や「HONEY」みたく、 いわゆる“可愛い”ブロックに属する楽曲として。


08位「GREEN」(17票/4.8%)
思いのほか票数が伸びなかった感のある「GREEN」。
ですが、「カラオケで聞いても素晴らしい楽曲です。隅々まで最高です」 「歌詞もメロディもすべてが好きです。最高です!」「はっきり言ってダントツです!サウンドがやべぇぴょん! 」 と、ハマっている方はとことんハマっている模様。もちろん、自分もその中の一人です。

全てがツボすぎて聴いていてにやけてしまう。CMで聴いた時はまさかこんな情熱的なアレンジになるとは思ってませんでした。 PVもたまらんのです。みどりんぐのイケメンっぷりがたまらんのです。(そこ?) 」 ――もうね、全てにおいて同意です、激しく同意です。もう何も言うことはありません。あなたは私ですか?(爆)

野村みどりの女優な舞に頭がヤラレマシタ!!!\(^O^)/コレ聞くとニヤニヤして笑わずにはいられません。爆」 ――もうね、全てにおいて同意です、激しく同意です。もう何も言うことはありません。あなたは私ですか?(爆)

みどりんぐのみどりんぐによるみどりんぐの為の曲ですね(爆)」 ――そこまで言わしめるみどりんぐ、はんぱねー!


09位「Sparkle」(15票/4.2%)
個性的な曲が多い「NEXT LEVEL」の中でも一際 強烈な個性を放っている「Sparkle」。
ツアーのパフォーマンスが最高でした!はじけてるあゆさんが素敵過ぎるw」 「NO-NO-NO〜〜のパフォーマンスが好き♪」など、「rollin'」同様、ツアーでのパフォーマンスが印象的。 うん、あの“No No No...”は最初観たとき衝撃的だったなぁ。「え、そこで煽っちゃうの?」みたいな。 そして公演を重ねていくごとにクレイジーになっていく彼女にウケました(ぇ。

と、その一方で、「歌詞が今の自分に突き刺さってくる」 「「眺めるだけじゃ始まんない 君のものにはならない いつまでそこでそうやって 指をくわえてるつもり」 「守りに入らないで 攻撃的に魅せてみて 可能だとか不可能だとか どこの誰のものさし」に励まされます♪」 からも分かるように、聴く者の心を突き動かすかのような挑発的な歌詞も大きな魅力じゃないかと。

あと、「80年代アイドルの妄想した世界のPVも面白い。」 「あの出落ちPVを超える作品はない!! 」 「メイキングであゆが「今笑ったでしょ」と言ってるように、本当に思わずクスッと笑ってしまうほどPVで あそこまで遊んでいるベストテンのアイドルあゆちゃん、最高です!」 と、曲同様、ぶっ飛んだ(爆)PVに対するコメントもいくつか寄せられました。


10位「Curtain call」(11票/3.1%)
『NEXT LEVEL』の最後を飾る「Curtain call」。
曲もメッセージもシンプルでいいと思います」からもうかがえるように、 曲も歌詞もシンプル過ぎるぐらいシンプルですが、その飾り気のなさが逆にさり気ない存在感を際立たせているようにも思います。
ライブでのアンコールでうるうるした☆」というコメントの通り、今となっては、 アンコールでのパフォーマンスをまずは思い出す人も多いのではないでしょうか。 この後の「For My Dear...」への流れがまた良かったなぁ。

卒業式でうたいたい」 ――卒業式ですかぁー。確かに“今でも 一番に言いたい〜”のくだりなんかは、卒業式に合うかも知れませんね。

pvの火花がいい」 ――あの火花は一歩間違えれば事故じゃないのか?と、普通に突っ込みたくなったり(ぇ。


11位「Bridge to the sky」(10票/2.8%)
ここから先はインスト曲が続くんですが、その中でも多くの票を集めたのが「Bridge to the sky」。 この曲と言えば、「写真に感動!」とのコメントが表わすように、ツアーでの映像ですよね。 最初観たときは、「ちょ!どこまで遡るんですかあsgyふじkl;」と、観てるこっちが焦ってしまったり。 それからはどの公演でもがっつりガン見させて頂きました。 DVDでは、コマ送りで再生したい。って、もちろんDVDに収録されますよね?

インスト曲って正直言って、あまり興味ないんですけど…、このインストは良い! 「ハァ〜、ハァ−ハァ〜♪ふわり笑顔、ふいに涙♪」と何回も口ずさんでます。インストで口ずさんだのって、これが初めてかも…。」 ――この後に続く「NEXT LEVEL」のフレーズが散りばめられているのも印象的ですよね。


12位「Pieces of SEVEN」(5票/1.4%)
ツアーのオープニングを飾った「Pieces of SEVEN」には次のようなコメントが。

ツアーのオープニングが忘れられません。あのレーザー光線、あのテレビの映像…なんでテレビなんですか?」 ――そういえば、『NEXT LEVEL』のジャケ写にもテレビっぽいのが登場していますよね。 自分はあの砂嵐のような映像などは、“終わり=始まり”を表わしているのかなぁ、なんて思ってました。 あとは、「Rule」の歌詞にあるような、“ぶっ壊して始めよう”とか? …あ、詳しいとこは突っ込まないで下さいね(ぇ。

何気に今回インスト凝っていてどれも好きですが一番はコレ。てか4曲は若干多いかな」 ――収録曲14曲中インストが4曲ってのは確かに多いかも知れませんね。 もちろん、そのインストが作品やステージにおいて重要な役割を果たしているのは言うまでもないんですが。

このインスト→Ruleの流れは、ツアー開始前から予想してました。インストの中ではかなり好きな方です!」 ――見事に予想的中ですね! てか、次の『Rock'n'Roll〜』ではそのような予想も出来ないっていう展開になるわけで。


13位「Disco-munication」(4票/1.1%)
ツアーでのコミカルな映像が印象的な「Disco-munication」には、「ファミコンを思い出した♪」「かわいい☆」というコメントが。 ツアーの映像も、まさしくとあるテレビゲームを意識したかのようでしたよね。


14位「Load of the SHUGYO」(2票/0.6%)
そして、「Load of the SHUGYO」には2票ながらも熱いコメントが寄せられました。

ハマサキさんの声が入っていなくてごーめんたむ。爆  つあーの女子ーーーずがねもうすぎて好きすぎてごめんなさいね!!!爆」 ――あの女子ーーーずたちは一人一人をマルチアングルで入れて欲しい、絶対(爆)。

初めてインストって結構重要なのかもって考えさせられたって言ったら大げさですか?」 ――いやいや、大袈裟ではないかと思いますよ。特に浜崎さんの場合、アルバムでもツアーでも、 インストは重要な意味を持つんじゃないかと。


以上のような結果になりましたが、いかがだったでしょうか? 皆さんが投票された楽曲は何位でしたか?
アンケートを行う前の予想としては、「NEXT LEVEL」か「Days」が一番人気ありそうだなーと思っていたのですが、 その2曲が同票数で1位になったという、予想通りの結果となりました。
その一方で、「rollin'」がここまで人気だとは正直思いませんでした…(いや、自分も好きですけどね)。 やはりそれは、上のレビューにも書かせて頂いた通り、ツアーでのパフォーマンスによる部分が大きいんだろうな、と。 「rollin'」だけでなく、他の楽曲にもそれは言えますよね。今回はライブパフォーマンスに関するコメントも目立ちましたし。  例えばこのアンケートを、ツアー前に行っていたとしたら、どんな結果になったんだろう…ってふと思いました。

また、冒険した楽曲が多かった分、聴く人を選ぶアルバムとなったことが今回のアンケートからも少しうかがえました。 未だに、このアルバムが馴染んでいない人、好きになれない人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?
かく言う自分は、発売当初こそ戸惑いを覚えたのも事実ですが、すぐにツアーが始まったこともあってか、 受け止めるまでに不思議と時間はかからなかったような気がします。 むしろ、前作『GUILTY』のほうが受けとめるまでに時間かかった記憶が。 あちらは音楽的にというより、精神的にね…(汗)。

ってなわけで、『NEXT LEVEL』についてのまとめはこれにて終了!  さて、次なる『Rock 'n' Roll Circus』は一体どんな作品に仕上がっているのでしょうか? どんな世界を私たちに聴かせて・魅せてくれるでしょうか? うひょひょひょひょー!


(2010.04.04up)



top > vote > 「NEXT LEVEL」で、一番好きな楽曲は?