no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

vote

top > vote > 「A BEST 2 -WHITE-」で、一番好きなPVは?

□第七回「「A BEST 2 -WHITE-」で、一番好きなPVは?」


【アンケート結果】(全投票数;253票)
01位「STEP you」(47票/18.6%)
02位「my name's WOMEN」(43票/17.0%)
03位「evolution」(41票/16.2%)
04位「Moments」(29票/11.5%)
05位「ourselves」(23票/9.1%)
06位「Voyage」(21票/8.3%)
07位「Real me」(20票/7.9%)
08位「fairyland」(9票/3.6%)
09位「Humming 7/4」(8票/3.2%)
10位「Greatful days」(5票/2.0%)
10位「INSPIRE」(5票/2.0%)
12位「UNITE![promotional clip]」(2票/0.8%)


01位「STEP you」(47票/18.6%)
『A BEST 2 -WHITE-』のPVで一番多くの票を集めたのが、「STEP you」。
色んなあゆが一度に見れるなんて(∩^Д^∩{きゃ━!!!」 「PVのあゆがかわいすぎる…。」 「いろんなayuが見れる☆」 「4人のあゆがそれぞれかわいくて好きですっっ!」 「どのayuも完璧だべ!」 「4人のayuを演じ分けていてスゴイ&可愛いから!!中でも青ayuと黒ayuが好きです!!!」 「色々なayuが見れて嬉しい。特に青ayuがキャワイすぎ」 「ダントツこれ!4種類のあゆが可愛すぎる。一押しは黒!」と、もう大絶賛の嵐です。
皆さんのコメントからも分かるように、この作品の最大かつ最強の魅力と言えば、 色んな浜崎さんが一度に味わえること、でしょうね。 青・黒・白・赤と、微妙な仕草の違いがあったりして、女性が持つ様々な面を見事に演じ分けているなぁ、と。 そして、それがいちいちキャワいいもんですから、やっぱり彼女は罪深いわ!(爆)  ちなみに、私が好きなのは断然黒です、圧倒的に黒です。…って、そんなのどうでもいいですか、そうですか。

さらに忘れちゃならないのが、「4人のあゆ、そして雨に打たれるあゆが本当に可愛いVv」 「5変化のあゆが素敵で、最後の雨に打たれるayuが気持ちいい。」 「雨に打たれるところが好き」というコメントにもあるように、最後のほうに登場する、雨に打たれる浜崎さん。 このストーリーの肝を担っているようで、印象深いですよね。

と、そんな魅力を含んでいるからこそ、「かわいい。PV見てからこの曲が好きになった。」 「何回でも見たい」という作品になるわけで。 私自身、「STEP you」に関しては、PVを観て曲自体も好きになったという経緯があります。

色のコントラスト?がいい」 ――4人(+1人)の浜崎さんの色のコントラストはもちろんのこと、全体的な色合いというか色使いも何かいいですよね。 このPVを作った井上哲央さんって、「STEP you」の他にも「Moments」や「Marionette」などを手掛けられているんですが、 そのどれもが独特の色合いで、自分好みだったりします。 "あ、これって何か井上さんっぽい"なんて思って、その通りだったこともあったり(「Marionette」なんて、まさしくそうでした)。

かわゆいあゆ、クールなあゆ、セクシーなあゆ・・・と、いろんなあゆが見れて良いです! もう一言、何故か白あゆがS(サド)に見えてしまう私ってどうなんでしょうか・・・」 ――白は、一番Mっぽく見えて、実は一番Sなんだと思います(爆)。


02位「my name's WOMEN」(43票/17.0%)
一位の「STEP you」と殆ど変わらない票数を集め、二番人気となったのが「my name's WOMEN」。
「かっこいい!!」 「素晴らしいです。」 「このアユさん。。素敵過ぎます!!」 「なんかカワイくてカッコイイ」 「かっこよすぎる!!」 「ayuかっこいい♪」 「かっこかわいい!まさにこれ!」 「このあゆはすっごいかわいい!!ファンじゃない友達も絶賛してました」 というコメントからも分かるように、可愛くて尚且つカッコよく、 「女のいい意味での強さが滲み出ているPV。」である点が、皆さんを魅了しているんでしょうね。
かく言う私も、その一人で、この作品には特別な思い入れがあります。 何を隠そう、大学生の頃、この作品を題材にして、レポートを書いたぐらいですから。 ジェンダーやら、フェミニズムやら、オリエンタリズムやらを用いて、曲がりなりにもレポートを書いたぐらいですから(爆)。  今思えば、隠れファンの私にしては、かなり大胆なことをしてますよね…。

メガネayuが変貌を遂げ、ムチを持った姿へと変わり、男性ダンサーたちを圧倒、 仕舞いには他の女性たちの羨望の的となるこのストーリー展開には、思わず息を呑んだ方も多いのでは。  「最初のメガネayuがツボ!そしてその後は…もう最高です(*´艸`)爆」 「めがねのayuとムチを持ったayuのギャップが面白いです。」 「最初のダサ子あゆが可愛い!のっとり?に来るあゆが美しい。まさにクールビューティー!」 「ムチ持ってもキレイ!そして叩いてくださいって感じで大好きですね♪ワラ」 「ちょっと地味めな眼鏡姿からあのムチ使い。このbeforeafterっぷりは彼女にしかなせない業!!叩かれてみ・・・なんでもないです(笑」 からもそれがうかがえるんじゃないかと。
まさに、「ホントに「女優!女優!女優!」て感じですね(笑)見るたび鳥肌が立ちます。何もかもが豪華すぎです。。。あとスッピン可愛いv(笑)」 といった作品ですよね。

それにしても、冒頭に登場するメガネayuの人気が高いこと、高いこと。 「ダサayuもいい味出してました」 「あのメガネayuが劇キャワ☆」 「メガネをかけているayuって貴重だと思います。」 「ダサayuが神です!」 「そりゃぁあの「ダサあゆ」に勝てるもんなんてなかと!!」 「あのね、メガネっ娘ayuが死ぬほど萌えなのよ(でも最強は津山よしこ役)」と、多数の方が あの娘に魅了されちゃった模様。
…津山よしこって、女優時代に出演していた『湘南爆走族』のことでしょうかね。 写真でしか観たことないですが、あの浜崎さんは確かに最強です。 メガネayuと言えば、ミスドのCMと、tu-ka MytimeとかいうCMでのメガネ姿もツボッターです。 要は、メガネをかけた浜崎さんは総じて最強だということです(爆)。

もう完全にライブのノリですね。」 ――この曲と言えば、マイストでのステージが印象的ですよね。 サブステ近くの席であのパフォーマンスを観た時のテンションの上がりようといったら、半端なかったです(笑)。

SHUYAの表情が変わってくのも好きです!!ETSUさんとCHIARUさんを率いてながら、 守られてるところあたりがまさに「女」を表現してるようで好きですね☆」 「かっこよくてつぼですwダンサーのshu-yaとキスしそうになるときは最初びっくりしましたが。。」 ――思えば、この頃から既に浜崎さんとSYU-YAはペアを演じていたんですね…。 最近、かなり久々に「My name's〜」のPVを観て思ったんですが、男性ダンサーが若いです(爆)。 …あ、だけど、この頃から既にGO-MI先生は別格っていうことで(ぉ。


03位「evolution」(41票/16.2%)
先述の二作品と変わらない票数を獲得し、3位となったのが「evolution」。
ヵヮィィから」「可愛い(・ω・)!」というコメントの通り、 当時の浜崎さんのキャワいさに人気が集まったようです。  それは、「曲と合わせてかっこよすぎ!ショートのあゆ可愛い☆」 「このPVで恋に落ちました!髪型がめっちゃツボです!」 「髪型がすき!!表情が可愛い」 「あのニコッってした顔が・・・ニヤニヤw」 「カメラ目線でニコってするところとかかわいすぎる!!!」 「歩きながら近づいてくる(後半部分)所がめっちゃ好きです。」 「"しっぽ"とayuの真剣な顔とくしゃくしゃの笑顔のギャップがたまらない。(爆)」 などからもうかがえますね。

21世紀の幕開けを飾ったこの曲がリリースされた頃と言えば、浜崎あゆみの全盛期。 常套句的に言うならば、飛ぶ鳥を落とす勢いだったんじゃないかと。 社会現象にもなったベスト盤も、この頃に発売されましたしね。  「いやー、やっぱりこれでしょ!という感じ」 「やっぱし、あゆ革命ときたら、この曲でしょ?!笑」というコメントからも分かるように、 浜崎あゆみ全盛期を強烈に印象付けた楽曲・PVだったのかも知れませんね。 画面全体から伝わってくるあのキラキラ感なんて、まさに。
…と同時に、そんな華やかさのウラに潜む影のようなものも感じられるんですよね、この作品って。 冒頭で、車から降りる前の表情、モニターで自分の姿を見つめる時の眼差し、 スタッフに囲まれながら淡々とこなしているかのようにも見える姿とか…。


04位「Moments」(29票/11.5%)
ふし〜ぎな感じがする!」「綺麗なんだけど少し怖い・・特に子供達が!!」 の通り、儚さ故の恐怖感、残酷さのようなものが味じわえる「Moments」がランクイン。
確かに、あの子供達は怖いですよね、無邪気さのなかに潜む狂気というか。 「花鳥風月とそれが放つメッセージを巧妙に表現した見事なPV。プロモにしとくのもったいなぃ。一つの映画ができそぅです。」 のように、その魅力にどっぷりハマってしまった方、他にもいらっしゃるのではないでしょうか。

とにかく髪型サイコー!ホントに『Moments』はなにもかもが完璧すぎる!」 「ちょっと残酷なシーンだったり、ayuのロングの髪型&垂れ目メイクが好き。」 「ayuがちょっとモッチーに似てると思いました」 ――自分もこの作品での髪型やメイクは好きですね。 もっちーっぽいって、あのロングヘアーの浜崎さんのことでしょうか。 言われてみれば、あのゆるい髪型が一時期のもっちーっぽいかも。

倒れて、血?ぽいのと羽に埋もれてるとこが好き。」「羽にまみれてるayuかわいい(∀)」 ――あのシーンは、この作品と鍵となる部分ですよね。歌詞とも深くリンクしているようで、なかなか意味深です…。


05位「ourselves」(23票/9.1%)
ダークなPV大好物! 」「ミステリアスな黒あゆ最高! 」 「コテコテのダークなPV‥大好きッす('V`)」「同じ顔の人たちがツボすぎ!!あと、悪魔っぽいあゆもかっこいい!! 」 と、ダーク系PV好きなら外せない「ourselves」が5位という結果に。
ドラマっぽい始まりがツボ。」 「最後のオチがもう、本当に最高!!」 「最初見たのわカラオケだったけど…しばらく放心状態でした(笑)すごい意味深で考えさせられます…」 といったコメントが示すように、最初から最後まで気を抜けないストーリー展開が 観る者を圧倒しますよね。
このPVのおかげで、曲自体も好きになりました!」 「メモアドはこのPVを見たいがために買いました」 「このPVであゆが好きになりました!」 「あゆのPVの中でこれが一番スキです!!」という方がたくさんいらっしゃったのにも、思わず納得です。


06位「Voyage」(21票/8.3%)
ドラマですよね!」というコメントの通り、行定監督による短編映画仕立ての「Voyage」。  「映像がキレイ!ラスト泣きそうになる」 「最後にはいっしょになれるストーリー性が大好き!」 「1番最後の抱き合ってるシーンがいいです。恋人同士羨ましい。」と、 あのストーリーに深い感動を受けた方が多くいらっしゃるようで、それが今回の結果にも繋がった模様。

月めっちゃでか!!って思ったんですけど、この時(時代)はこれくらいでかかったんでしょうね。」 ――月の大きさと時代って関係あるんでしょうかね?…無知でごめんなさい;;


07位「Real me」(20票/7.9%)
Realmeはダンスしてる初めてのあゆだからって事で。」というコメントが示す通り、 浜崎さんが初めて本格的な?ダンスに挑戦した作品というのが、「Real me」の最大の特徴ですよね。
他にも、「ダンスするayuが若々しく美しいです」 「ayuのダンスシーンにいつも見とれてしまう」 「あゆが踊ってるから」 「あゆのダンスが大好きです!踊りたくなります」 「カッコいいダンスを踊ってるあゆがかっこよすぎてすてきすぎます!」といったコメントが寄せられました。  今でこそ、数々のPVやステージ上でダンサーたちと踊る浜崎さんですが、 この当時は初めてということもあって、より一層印象的だったんじゃないかと思われます。

歌詞が激しく(・∀・)イイ!!これが神業ならぬayu業か!!」 ――浜崎さんの歌詞で勇気付けられた、救われた、とかいう経験があまりない私でも、 大学受験時、この「Real me」の歌詞にはお世話になりました…。


08位「fairyland」(9票/3.6%)
ここから一気に票数が減っちゃうわけですが、「fairyland」には「ayuが楽しそう!!」とのコメントが。 歌詞の通り、ダンサーたちと無邪気に笑い転げながら踊ったりするシーンは確かに楽しそうですよね。
が、その一方で、それだけではないっていうことも伝わってくる作品。 「家が燃えるシーンは圧巻…!」の通り、あのシーンなんてまさにそうじゃないかと。  "僕たちは今最も永遠に近い場所に居る"ってことはつまり、 永遠なんて最初から存在しないってことなんじゃないか…なんてね。


09位「Humming 7/4」(8票/3.2%)
「Humming 7/4」と言えば、TA会員の方々がエキストラとして参加されていることですよね。  「このPVを見てると私もあの中に入りたくなります!」という方、他にもいらっしゃるのではないでしょうか。 私も、このPV撮影に参加出来なかったことは、自分の人生において悔やんでも悔やみきれない出来事のうちの一つです(爆)。
そんな中、「自分も参加したのでっ!!それだけさ、それが全てさ♪あのPVを見るといつもあの撮影の時の彼女を思い出します!!!!!」 というツワモノが現れました(謎)。あー、自分も参加したかったな…。

あのショートがネ申★+゜」 ――浜崎さんのショートにも色んな種類がありますよね。 前にも何度か言っているような気がしますが、個人的には「A」発売時と「Moments」の時期のショートが大好物です。 …あ、誰もそんなこと聞いてないですね、そうですね。


10位「Greatful days」(5票/2.0%) には、「デコあゆがキャワい過ぎます(´∀`*)」 「すごくカワイイ。髪型もイイ!」 「あゆがカワイイです。アッカンベーも必見!!」と、 作品中の浜崎さんのビジュアルに対して熱いコメントが寄せられました。  確かに、あんな風に画面に向ってアッカンベーをしても許されるのは、彼女だけなんじゃないかと言ってみる(爆)。


10位「INSPIRE」(5票/2.0%) には、「最初と最後のキャップ被ったあゆがカワイイです。色彩がなんかイイ」とのコメントが。 あのキャップって、当時流行りましたよねぇ。実のところ、私も持っていたりします…。 今思えば、あれは高い買い物でしたよ、キャップなのに1万近くするなんて!


12位「UNITE![promotional clip]」(2票/0.8%)には、ドームツアーでの映像を使っているということもあり、 「ILOVE迷彩!あのへそチラ!あのうでのふり!最高!」 「ドームツアーの感動がよみがえってきそうです。手を振る、あゆも可愛い!!」というコメントが寄せられました。  今ではすっかりライブの定番曲となったこの曲も、ドームツアーでのパフォーマンスが原点なんですよね…。


…と、以上のような結果になりました。
ストーリー性があり、且つストレート、そして浜崎さんのビジュアルが十二分に味じわるものが人気…という、 黒のほうのレビューでも書いた傾向が今回も当てはまるのではないでしょうか。 上位3曲なんて、まさにその極みですよね。  その中でも特に、「STEP you」と「my name's WOMEN」は私自身も大好きで、コメントが多数寄せられたこともあってか、 何だか無駄に熱く書いてしまいました(汗)。

約一年越しの(爆)、『A BEST 2-BLACK-』『A BEST 2-WHITE-』のPVに関するアンケートのレビューを無事書き終えた今、思うこと。
なんか今更ですけど、浜崎あゆみの楽曲を語る上でミュージックビデオは欠かせないものになってきていますよね。 もちろん、映像から感じることのできる世界観だけが全てではないっていう点もあります。 監督の意向がかなり反映されている作品もあるでしょうし。 ですが、歌詞の世界観を理解する上での一つの手がかり、あるいは拡がりを持たせるものとなっていることは確かですよね。


(2008.03.23up)



top > vote > 「A BEST 2 -WHITE-」で、一番好きなPVは?