no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

vote

top > vote > 「A BEST 2 -BLACK-」で、一番好きなPVは?

□第七回「「A BEST 2 -BLACK-」で、一番好きなPVは?」


【アンケート結果】(全投票数;257票)
01位「Dearest」(39票/15.2%)
02位「part of Me」(38票/14.8%)
02位「Free & Easy」(38票/14.8%)
04位「Endless sorrow」(28票/10.9%)
05位「No way to say」(26票/10.1%)
06位「HEAVEN」(19票/7.4%)
07位「NEVER EVER[promotional clip]」(17票/6.6%)
08位「Because of You 」(14票/5.4%)
09位「HANABI 〜episode II〜」(12票/4.7%)
10位「walking proud」(9票/3.5%)
10位「is this LOVE?」(9票/3.5%)
12位「CAROLS」(3票/1.2%)
12位「GAME」(3票/1.2%)
14位「About You」(2票/0.8%)


01位「Dearest」(39票/15.2%)
並居る名作たちを抑えて堂々の一位に輝いたのは、「Dearest」。
感動しました」「泣いてるあゆにジンときます!」「初めてこのPVみたとき号泣(´;ω;`)」「泣ける!の一言・゜・(つД`)・゜・」「最後が印象的」「衝撃的。すげーPVだよ。」 というコメントからも分かるように、<泣き>がこのPVの人気に繋がっているようです。最後のシーンとか、特にですよね。  そんな<泣き>の要素を引き立たせているのが、「有名になったあゆの日々の葛藤があのPVに入ってる気がする」という、 組織からの解放というテーマに基づき展開されるストーリー。 2001年当時の作品からたびたび描かれることとなった重要なテーマのひとつとも言えますね。

続編希望!?後が気になる」 ――確かにあの続きが気になりますよねぇ。

結婚式に使えそうです!!いや、使います!!!あゆがアニメのエンディングってめずらしいですよねっ。」 「この頃、あゆを知りました。犬夜叉のエンディングで。あゆと出逢わせてくれたこの曲とあのアニメに感謝☆」 ――私は犬夜叉を観たことがないんですけど、アニメの映像と合ってたりしたんでしょうか?

partofMeもいいけど、長年愛し続けたこの曲で・・・」 ――そんな「part of Me」が、「Dearest」と僅差で二番人気となりました。


02位「part of Me」(38票/14.8%)
なんと言っても新曲!」だからなのか、「Dearest」と僅差で二番人気となった「part of Me」。  「Voyageに似た感じでどこかミステリアスなところがイイ!」「一目惚れ。『和』が大好きなんで♪」などと、 幻想的な雰囲気が曲の持つイメージと不思議なくらいにマッチしていますよね。 そんな雰囲気を創り上げるのに一役買っているのが、 「藤原紀香さんの十二単も綺麗だったけど、ayuのも綺麗」 「和服のあゆ...萌え〜(´∀`)」 「このPVってかぐや姫のイメージだよね☆十二単が超カワイイです♪」というコメントが示すように、浜崎さんの着物姿なんじゃないかと。

そして、この作品の見所として多くの方が挙げられていたのが、浜崎さんが倒れる場面。  「あゆがかんざしを外して倒れる瞬間が鳥肌立ちました! 」 「倒れるところが好きです(表情とかが)」 「かんざしを抜いて、倒れていくところが綺麗で好きですね。」からもうががえる通りです。

partofMeと言うよりその隠しトラックにやられました(笑)まさか、この流れであの曲が!!みたいな。」 ――あれは最初聴いた時、やられちゃいましたねぇ。予想だにしない展開でしたね、当時は…。

何だか、弱肉強食をも感じた歌で、初め聞いた時は、身の毛が弥立つ程の勢いでした。」 ――弱肉強食と言えば、このPVを語る際によく使われた言葉ですよね。私はまだ解釈しきれていませんが…。

このPVは何回見ても泣けました。歌い方もすごく好きです♪」 ――歌い方ももちろんですけど、これを歌う時の浜崎さんの表情がネ申!(爆)


02位「Free & Easy」(38票/14.8%)
ファンのあいだでは密かな人気を誇る「Free & Easy」がPV投票でも二位という結果に。  「曲にあってる!」という言葉の通り、力強くも悲壮に満ちた決意がPVからも感じられます。 だからこそ、「シビれるようなayuの表情がツボ」 「なんか魂が詰まってる気がして・・・。」 「勇ましくて、かっこいいあゆ、すてき! 」な作品となるんでしょうね。

ブドウを潰すシーンが最高です!」 ――ブドウを潰す場面は、浜崎さんのPV史上五本の指に入るくらいの名シーンなんじゃないかと。自分も大好物です。

柱に縛られて(?)風を受けながら歌っているayuが凛々しくて好き」 ――あの場面はおそらく、ジャンヌダルクの如く、火炙りの刑に処されている様を表現しているんでしょうが、 いかんせん、その周りの火たちが何ともショボいというか…(イッテシマッタ!!)。 でも、浜崎さんの表情は確かに凛々しいですよね。

何回か聴いているうちに大好きになった。PVが素晴らしい!!」 ――私自身も「Free Easy」は何回が聴いていくうちい好きになった曲のひとつですね。


04位「Endless sorrow」(28票/10.9%)
肝心の浜崎さんが殆ど出てこないということでも有名(なのか?)な「Endless sorrow」がランクイン。 そしてそれが最大の魅力ともなっていることは、「最後に出てくるあゆがいい」 「ayuはほとんど出てこないのに、何度も見てしまう。ストーリー性があるPVは多いけどこれが一番好き。」 からもうかがえるかと。
PVのストーリーがとても好き。主人公の少年がマジかわいぃ!」 「こういうのもいいなぁって思います。外国の男の子がグッド。」と、一人の少年が中心となって描かれる 「映画みたい」なストーリーが、歌詞の世界観により拡がりを持たせます。
そんな作品に「このPVはもう、泣かずにはいられない!そんなPVです。」 「このPVを見る(聴く)たび泣きそうになる」などと胸打たれた方、たくさんいらっしゃるのでは?  「これ短編映画ですよね?(違)PVと言う枠を思いっきり超えてると思います。あのセピア色の画が曲に凄い合ってて感動します。。。」 というコメントには思わず納得です。


05位「No way to say」(26票/10.1%)
5位ながらも、「No way to say」に寄せられたコメント数はダントツで多かったです。もうね、ダントツで熱かったです(爆)。
それもそのはず、「NowayのAyuのあのきゃわいさに勝る者ナシ!!!」なんですから!  他にも、「ショートでストレートなあの髪型はネ申ですよw」 「あゆ可愛すぎです!!」 「ayuがとにかくカワイイ!ショートカットのayuが大好きです。」 「可愛すぎる!!」 「ショートあゆかわいい!!!!!!萌えです笑」 「とにかく可愛いっ!」 「とにかくショートが可愛すぎ!!最初見たとき震えました。」 「この髪型が好き!!」などと、あのキャワいさに心撃ちぬかれた方が多数いらっしゃる模様。 仕舞いには、「これ以外有り得ません。このかわいさは万国共通ということで♪ コレのよさを話し出したら誰にも負けませんが、何か?(爆)」というツワモノまで現れました(爆)。

でもって、何がキャワいいかって言ったら、髪型だけではなく、あの表情ですよ。 「ayuの表情がいちいち可愛すぎます」の通り、そのどれをとってもいちいちキャワいすぎ!あぁ、罪深い人ですね!(ぇ。  「ayuのPVでこれが1番!最後の、鼻をすすりながら歩く姿とか、神ですね〜」 「全ての表情がいいです!!男の子を見失う表情、窓辺にたたずむ表情、プレゼントをカタカタ振る表情、最後の鼻すすり!!あぁ愛しいです☆」 「サンタさんからもらったプレゼントを振るときのあゆの表情好きです♪♪笑」からのコメントで挙げれている表情全てに、激しく同意。 思わず顔がニヤけてしまいましたが、何か?

そして、このPVを語る上で欠かせないのがサンタさんの存在。 「サンタの目が悲しげなのもいい!」 「あのサンタの被りモノがなんともいえない悲しそうな顔がイイ!あのサンタとあのあゆに勝るものナシ! 」 というコメントからもそれは分かりますね。
そんな浜崎さんやサンタさんが織り成すストーリだからこそ、 「深いです・・・。」「泣けるPVです。」「心が温まるPV。」と、深い感銘を受けてしまうんでしょうね。


06位「HEAVEN」(19票/7.4%)
1カットで撮影されたのが素晴らしい」というコメントの通り、ワンカットで白黒という、シンプルなPVとなった「HEAVEN」。  「黒白PV最高!!」「白黒が逆にイイ!!」「simpleisbest♪」「落ち着いた感じの髪形・衣装がgood!!」などと、 あのシンプルさこそが大きな魅力となっていることが今回の結果からもうかがえますね。 まさに、「シンプルに感動しました。」っていう感覚が味わえるかと。

ayuの泣きがたまらない!電車の騒音が入るのもなんかイイ!?」 ――浜崎さんの表情がたまりませんよねぇ。これぞワンカットの醍醐味。 電車の騒音に掻き消されそうになっても、祈り歌い続ける姿がまたさらに涙腺を刺激しますね。

「このPVは同年に起きた福知山線の電車の脱線事故での被害者への追悼を意味しているという話もある。」らしいので、感動しました!」 ――そんな話、当時ありましたね。実際のところはどうなのか分かりませんけども…。


07位「NEVER EVER[promotional clip]」(17票/6.6%)
フルサイズのPVではなく、ワンコーラス(というかワンサビのみ?)のPVだったものの、 意外や意外、上位に食い込んだのがちょっと予想外だった「NEVER EVER」。
こんなにも短いのに感動してしまうのはなぜなのか…」 「短いけど、あゆの心情がひしひしと伝わってくる感じがしていい!」 「最初見た時にすごく印象的でした」 「短いんだけど、必死に歌うAyuがいい。」と、 短いサイズながらも、泥だらけの浜崎さんが叫ぶように歌う姿に胸を打たれた方は多数いらっしゃるようで。  と同時に、「フルサイズで作って欲しかった。」 「本気でフルで作って欲しかった。短いけどかなり好きです。」という声も。 確かに、フルで観てみたい気もしますね。が、その一方であの短さだからこそ、イイ!とも思ったりして。

短いけど、この時期のアユが一番好きだったなあ。地団駄を踏む感じとか言われてたっけ。」 ――地団駄を踏む感じ…、これは確かayu ready?で武田鉄也さんが言っていましたよね。

このころの髪形も好き。」 ――この頃(2001年最初)の髪型って、今でも人気ありますよねぇ。 今回もこのようなコメントをいくつかいただきましたし。


08位「Because of You 」(14票/5.4%)
白に収録された「ourselves」と並んで、ダーク系PV(勝手に命名)の代表格と言ってもいい「Because of You」が8位に。  「かっちょいい〜!!」 「かっこいいアユで曲もMVも大好き!!」 「かっこよすぎ。丹下さんとのPVはどれも好き」 「可愛いあゆも大好きだけどこんなあゆも大好き。って事でこの曲。」 などからも分かるように、かっこいい浜崎さんを十分に味わえる部分が支持されている模様。ホントに丹下さんはいい仕事してますよね!
その一方で、「切ないからです」というコメントもありました。 確かに、ただ単にクールなだけでなく、切なさをも感じられる作品だなぁ、と。

かっこいいし、髪形が好き☆」「ロックayu全開♪この時の髪型とメイクの感じが個人的にお気に入りです。」 ――自分もこの作品での髪型はやメイクは好きですね。ああいう濃さや奇抜さは許せます(爆)。


09位「HANABI 〜episode II〜」(12票/4.7%)
9位の「HANABI 〜episode II〜」についても、「シンプルで良い。」 「シンプルなのが逆にあゆの想いがつまってる感じがしてお気に入りです☆★」 と、シンプルさこそが最大の魅力のようです。  これは先ほど紹介した「HEAVEN」とも共通するものがありますね。
そんなシンプルな作品ゆえに引き立つ浜崎さんの存在感、浜崎さんの女優魂。  「涙を堪えてる姿わ見てるこっちが泣けて来る…(pдq)」 「雑誌でAyuが『あれは本気泣きです』って言ってたから。一番リアルにAyuを感じる。」 「あゆの本気泣き、好きです。」 「本気泣きのあゆを見ながら自分でも泣く方、そう、少なくは無い筈!」 「意味深な本気泣き。そんなayuがいとおしくて素敵です。」 と、本気泣きの浜崎さんを痛いくらいにリアルに感じられる作品なのではないでしょうか。


10位「walking proud」(9票/3.5%)
アルバム『MY STORY』に収録され、人気曲との呼び声も高い「walking proud」。 以前、当サイトで行ったアンケートでも、『MY STORY』の収録曲中、この曲が一番人気となりましたしね。 ですが、PVだけで考えると、それほど印象深い作品ではないのかな?  そんな「walking proud」には以下のようなコメントが寄せられました。

黒髪の寝そべっているのを見てると「キラキラか!」ってツッコんでしまいそうになります(笑)」 ――どんどんと突っ込んでいきましょう(爆)。

このアルバムで初めてこの曲を聴いて大好きになりました!」 ――このアルバムっていうのは、『A BEST 2』のことなんでしょうか。 と考えると、新たな出逢いがあったということですね、黒と白で…。


10位「is this LOVE?」(9票/3.5%)
「walking proud」と同数で10位となった「is this LOVE?」には、 「色んなものが壊れていくシーンは、怖いけど好きです。」 「曲も好きだし、PVで物が壊れていくトコも興味深い!!水槽爆発とかどうやって撮ったんだろう・・・」 と、モノが壊れていく様が印象に残っているという声がみられました。
まぁ、「前半、感情のなぃ人形のよぅな表情のあゆ。それからラスト、怖いくらいに美しく微笑むあゆ。 この曲の歌詞のよぅに、わずかな、しかし確実な変化を演じることのできる浜崎あゆみは、やっぱり最高です(笑) 」ってことで!(ぇ。

あゆはいつも美しいですが、このPVのあゆは結構上位にくる美しさです! 」 ――確かにこのPVでの浜崎さんは美しいですよね、いつも以上に美しいですよね。


12位「CAROLS」(3票/1.2%) には「萌木の村、行きましたよ」というコメントが。 そこって確かPV中に出てくるメリーゴーランドがあるところでしたっけ?

12位「GAME」(3票/1.2%)14位「About You」(2票/0.8%)には、コメントが寄せられませんでした。 ダーク系の代表格といえば、「ourselves」と「Because of You」ってことになりますから、 それらと比べると上記2作品への印象って薄いんでしょうか。  かく言う自分は「GAME」のPVが何気に好きだったりします。浜崎さんのあの髪型とハットが好きだったりします。 …あ、そんなことどうでもいいですか、そうですか。


以上のような結果になりましたが、皆さんいかがでしょうか? とは言え、このアンケートをやったのが随分と前の話なので、 どれに投票したかとか忘れている方が大半だと思いますが;;
こうやってまとめてみて思ったのが、ストーリー性が強く、かつストレートに伝わってくるもの、浜崎さんの表情が十分に味わえるもの、 っていうかただ単純に浜崎さんがキャワいいもの…に人気が集まるのかなぁ、と。
ここで最後に、好きな理由を答えていただく欄に以下のようなコメントがあったことを付け加えさせていただきます。

基本的にBLACK好き!心に響いて響いて泣いてしまったこともあります!丁度その時の心境と合っていたんですね。」 ――やっぱりBLACKが好きな方って多いんでしょうかね。私も断然BLACK派ですが。

というか、このアンケートって私にはいじめとしか思えません。こんな濃すぎるPVから1番を選べなんて。さえまんさんはひょっとしてayuとは反対のSでは?」 ――いや、私はどう考えてもMですよ、「自分、今頑張ってるわぁ」なんて思う瞬間が好きなMですよ(ぇ)。 でも確かに、この中から一番を選ぶっていうのは酷ですよね。っていうか、自分も選べません(爆)。


(2008.02.28up)



top > vote > 「A BEST 2 -BLACK-」で、一番好きなPVは?