no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

vote

top > vote > 「MY STORY」で、一番好きな楽曲は?

□第五回「「MY STORY」で、一番好きな楽曲は?」


【アンケート結果】(全投票数;285票)
01位「walking proud」(37票/13.0%)
02位「Replace」(35票/12.3%)
03位「my name's WOMEN」(31票/10.9%)
04位「winding road」(28票/9.8%)
05位「Moments」(26票/9.1%)
06位「GAME」(22票/7.7%)
07位「About You」(17票/6.0%)
08位「HOPE or PAIN」(15票/5.3%)
08位「HAPPY ENDING」(15票/5.3%)
10位「Liar」(13票/4.6%)
10位「INSPIRE」(13票/4.6%)
12位「CAROLS」(9票/3.2%)
12位「HONEY」(9票/3.2%)
14位「Humming 7/4」(7票/2.5%)
15位「Catcher In The Light」(6票/2.1%)

少数派…
WONDERLAND(1票/0.4%)
Kaleidoscope(1票/0.4%)


01位「walking proud」(37票/13.0%)
1〜3位あたりまで混戦模様となり、最後までどれが1位になるか分からなかった今回のアンケート。 ふたを開けてみたら、「walking proud」が1位となりました。  ファンのあいだでは、「好き。ayuがぁたしの道しるべ。」 「大好き」と、発売当初から人気の高いバラード曲と言えるでしょうね。

この人気の要因として一番に挙げられるのが、歌詞。 それは、「歌詞がいい!!!」「歌詞が素直に心に響いてきます。」 というコメントからもうかがえる通りです。
ほかにも、「多分生きているうち、何度もこの曲で前を向いてみるんだと思う。」 「今の自分と重ね合わせてしまい、何回聴いても泣けます。」 「自分が全く同じ経験をしたので、正直痛いです。」 などと、その歌詞に心打たれた方が大勢いらっしゃる模様。  ayuの“リアル”な言葉で綴られているからこそ、 聴く人の心にも“リアル”に迫ってくるんでしょうね。

LIVEカラオケ(i.e.,マイストツアーDVDの映像)でもらい泣きし、この良曲の存在に気づきました。」 ――このライブパフォーマンスはヤバイっすねぇ。涙モノっすねぇ。この曲に込められた想いが痛いぐらいに伝わってきます…。


02位「Replace」(35票/12.3%)
1位と僅か2票差で2位という結果になったのは、「Replace」。  マイストツアーのオーラスで歌われ、第二の「Who...」という呼び声も高いこの楽曲には、 それを証明するかのように、以下のようなコメントが大部分を占めました。
ツアーの感動が忘れられない。」 「マイストツアーのラストを思い出します。かなり感動して号泣だったな〜。」 「ツアーで歌ってから、更に好きになった!」 「ライブの影響大(爆いつもの笑顔を見せてね」 「去年のliveで最後に「また会えるときまで諦めないで歩いていてね」と歌ってくれたのがとても心に残っています!」 ――もうね、激しく同意ですね。この曲のイントロを聴くだけで、マイストツアーのあの光景が 脳内に広がります(爆)。間奏の部分で、メンバー紹介したくなります(ぇ?
そんな思い出深い楽曲だからこそ、「涙なしでは語れない…また逢える時まで諦めないで歩いていてね・゜・(つД`)・゜・」 という一曲になるんでしょうね。

[悲しい別れ]をちょットでも笑顔にしてくれる曲ッ!!大好きです(・艸・)」 ――確かにそんな感じですよね。ここで流す涙って、未来へと繋がる涙というか、明日への糧になるというか…。

ファンに向けて歌ってくれてる感じがイイ。曲のアレンジもキレイで好きです!」 ――それが人気の秘密でもあるでしょうねぇ。アレンジと歌詞の持つイメージがもの凄くマッチしているなぁ、と思います。


03位「my name's WOMEN」(31票/10.9%)
3位の「my name's WOMEN」に対しても、「ライブ最高でした」「ツアーのムチでやられました(笑)」 と、ライブパフォーマンスに対するコメントが寄せられました。
やっぱりこの曲も、ライブの印象が強すぎますよね。何てったって、ムチですからね、ムチ。 あれを最初見たとき、あまりの衝撃に( ゚Д゚)ポカーンってなってましたから。 って、そんな私の思い出話なんでどうもでいいですよね。


04位「winding road」(28票/9.8%)
これまで歩んできた道を“そうこれが 僕の選んだ道”と振り返り、 “これからも胸を張ってこの道を行くさ”と誓う「winding road」が4位という結果に。
まさに、「ayuの生き様って感じがした」一曲ですよね。 そんな“ayuの生き様”と聴く人の心が重なり合うことによって、 「今の自分にぴったり当てはまってる曲です。」という想いにも繋がるんだろうなぁ、と。

ライブを思い出して泣けてきます」 「2004-2005カウントダウンライブのラスト曲で泣けました」 ――これもライブを思い出しますよねぇ。個人的には、初めて参加したCDLのラストで歌われた曲なんで、 特に印象深いです。って、そんな私の思い出話なんて(ry。

正に私の選んだ道は凄く色んな選択をし続けたけど後悔はしていない! 自分の言葉では話せないけれど伝えられる術をあゆが教えてくれました。」 ――ayuが言うからこそ、説得力を増すことってありますよね。 この曲もそのひとつかと。 ホントに、ayuの言葉は色んなことを教えてくれますなぁ。


05位「Moments」(26票/9.1%)
このアルバムに収録されたシングル曲では、一番人気となった「Moments」。 2004年当時も、この曲の人気が高かったように思います。根強いですね。
この曲で改めてayuが好きになりました。」というコメントには頷いちゃいました。 何というか、この曲からayuの新しい一面を垣間見た気がしたんですよね。 歌詞からも、HIKARIさんによるアレンジからも。

PV最高!」 ――PVも色々と考えさせられますよねぇ。子供たちの無邪気さが逆に恐ろしいというか。  それに、このPVのショートヘアーayuがツボ!…だから私個人の意見なんて(ry。

紅白の怖いイメージ」 ――思わず納得してしまった自分が居ます(爆)。 確かにあれは怖かった…、よく言えば妖艶ってことになるんでしょうけど;;  色んな意味で、インパクトに残るステージでしたね。

歌の最後の『君がもうこれ以上〜』の部分が好き。」 ――あの部分があることによって、曲の印象がガラッと変わりますよねぇ。


06位「GAME」(22票/7.7%)
<ayuロック>の真骨頂とも言える「GAME」には、 「最初から最後まで好き」「最初から最後までかっこいいの一言。。」 というコメントを頂きました。  確かに、あの曲展開が魅力の一つですよね。 畳み掛けるように歌われるボーカルからは、 いい意味でのギリギリ感が伝わってきて、圧倒されちゃいます。
だからこそ、「あゆの曲で1番好き」と、ハマる人はとことんハマっちゃうんだろうなぁ、と。

ツアーの衝撃が忘れられないからこれ!」 「カラオケにも配信されてるLiveのGAMEが凄すぎるっ!!歌声が最高っ音程もとれてるし…初めて聞いた時は鳥肌たった」 ――あのライブパフォーマンスも印象的ですよねぇ。 何てったって、男性ダンサーとの絡みが…ねぇ…(爆)。

クラシカルverの方が好きかも。」 ――「GAME」のクラシカルって想像つきませんでしたけど、意外とハマってますよね。

こうゆうBecauseofyouとか1LOVEみたいなんって王道入りかけで個人的にツボです」 ――激しく同意です! こういう路線の曲を、ライブだけでなく、テレビでもガンガン歌って欲しいと思う今日この頃…。


07位「About You」(17票/6.0%)
ロックなayu最高!!」というコメントが表すように、 こちらも「GAME」同様、<ayuロック>全開の一曲ですよね。  だけどその中で歌われることが、けっこう痛かったりするのがayuクオリティ。 「歌詞が良いっ!!!」「曲も大好きだし、詞に心を打たれました!!」 からも、それがうかがえるかと思います。

CMで流れるたびに反応しまくってました。」 ――「BAKE」のCMですね。っていうか、「BAKE」って最近売ってるのかな?(爆。


08位「HOPE or PAIN」(15票/5.3%)
8位の「HOPE or PAIN」の魅力と言えば、何といってもあの歌詞でしょう。
歌詞がありえないくらいツボ!!いつ聞いても泣ける」 「この切ない歌詞にすごく共感しました!!」 「共感できる」 「奇跡なんて起こらないと思いつつ願ってしまってるのが切ないです・・・」 などからもうかがえる通り、<切なさ>がひしひしと痛いくらいに伝わってくる楽曲。  で、この次の収録曲「HAPPY ENDING」への流れがまた絶妙なんですよねぇ。 というわけで、同じく8位にランクインしたのは…。


08位「HAPPY ENDING」(15票/5.3%)
そうです、「HOPE or PAIN」と同じ得票数を集めたのが「HAPPY ENDING」。
こちらも、「歌詞もせつなくて好き!」「切なくてスキ♪」 「歌詞も音色も好き♪」「泣けますゾっ(PД`q。・゜」などのコメントが寄せられ、 歌詞やメロディが持つ<切なさ>に人気が集まりました。

ライブのオープニング曲としては意外。結構好きな曲だったので、感激したのを覚えてます♪」 ――確かに意外でしたよねぇ。まるで映画を観ているかのような演出、一気に惹き込まれました…。

MYSTORYツアーのラストサビの表情がまぢやばいよ〜♪」 ――あれはね、もうね、女優!女優!女優!ですよねぇ。 ああいう表情をやらせたら、浜崎さんの右に出る者は居ないのではないかと(爆。


10位「Liar」(13票/4.6%)
『MY STORY』の中では唯一、ライブで一回も歌われていない「Liar」。 そのせいもあってか、他の楽曲よりも影が薄いのかも?とか思いましたが、 以下のような熱いコメントを頂きました。

マニアぞ知る隠れた名曲。独特の世界観が味わえる小粒でいてピリリと辛い楽曲ですね」 「少数派ですけどこの曲好きですw歌詞に共感します!」 ――確かに、“隠れた名曲”ですよね。少数派ですけど、私も好きですYO。

この曲を一時期着うたにしてました(^O^)大好きです♪アレンジがスキ−」 ――この曲のアレンジって、今までありそうでなかった感じですよね。 それが歌詞の世界観にも合っていて、聴き惚れてしまいます。

ライブで熱唱して欲しい感じ」 ――激しく同意です。カッコいいステージになること、間違いなし!


10位「INSPIRE」(13票/4.6%)
“感情なくしたフリはそろそろ終わりにして”と言い放つ「INPIRE」。
超カッコいい♪♪」「かっこいい!この一言につきます!」などの通り、 歌詞からもアレンジからもあの振りからも、男前なayuが堪能できますよね。  その中でも、いつになく力強い歌詞が印象的。 「歌詞がぃぃ!!名曲だと思う!!」「こういう歌詞が書けちゃうのは浜崎あゆみだけだと思う!」 というコメントにも納得です。

MYSTOのツアーの時のINSPIREにやられました!」 ――あれは確かにヤラれますねぇ。この曲は、CDで聴くよりもライブで聴くほうが好きですね、個人的に。

あの踊りが好きでたまらない(爆)あの曲を歌う彼女の眼差しも素晴らしいのデス♪♪」 ――険しい顔・眼差しフェチにはたまらない一曲でしょうね(爆。


12位「CAROLS」(9票/3.2%)
意外?に票が集まらなかった気がしたのが、「CAROLS」。
「Dearest」「voyage」や「No way to say」に比べると、影の薄いバラード曲なのかも知れませんね。  ま、この年の年末は「CAROLS」以外の楽曲も歌われたんで、仕方ないのかも知れませんが。 それにこの『MY STORY』、名バラードが多いですからね。

大切な人の事を想いながらカラオケで熱唱するのが夢です(苦笑) 」 ――その夢が叶うこと、密かにお祈りしております…。  私の場合、大切な人と言えば、この曲を歌う彼女が最初に浮かんできます(ぇ?

かわいい声のあゆも好きです。あのメリーゴーランドに乗ってみたいな…、でも、遠いからちょっとむずかしいかな。」 ――「CAROLS」のボーカルって、他のバラード曲とは少し違った印象を受けますよね。 あのメリーゴーランド、確か山梨県かどっかにあるんでしたっけ?  一回は訪れてみたい場所ですね。そして、あのPVを再現したいですね(笑。


12位「HONEY」(9票/3.2%)
タイトルからして確信犯的(爆)な「HONEY」は、 「すべてが可愛いの一言。」に尽きますよね。
ラブリーすぎるっもう、すべてがかわゆすぎる!!! 」というコメントからもうかがえるように、 歌詞、アレンジ、この曲を歌うayu…、もう全てがキャワいすぎます。  「♪なんだか顔がニヤけてしまう(恥)」方、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。 かく言う私もその一人です(笑。


14位「Humming 7/4」(7票/2.5%)
ライブ定番曲で、体力の消費量もハンパではない「Hummig 7/4」には、 以下のようなコメントが寄せられました。

めちゃ大好き!!ロック的な感じもやけど、最後のところが一番好きかも。」 ――“僕が憧れているものは/よくあるありふれた景色なんだ”からのくだりでしょうか。 あのフレーズこそが、『MY STORY』発売時のayuの心境を如実に表しているような気がして、私も好きですね。


15位「Catcher In The Light」(6票/2.1%)
このアルバムの一曲を飾る「Catcher In The Light」には以下のコメントが。

catcherintheryeに掛けてるんですよね?洒落てるなぁて思いました」 ――ホントに洒落てますよね。このタイトルが好き過ぎて、とあるパスワードにも使っている私(爆。


そのほか、WONDERLAND(1票/0.4%)には、 「この曲を聞くと長かったライブの待ち時間を思い出します(笑)」 というコメントをいただきました。  確かに、この曲と言えばマイストツアーですよね。 まだかまだかと待ちわびていたあの時の気持ちが蘇ってきます…。


…以上のような結果になりましたが、いかがだったでしょうか?
第一回アンケート「あたなの一番好きな楽曲は?」で堂々の一位を獲得した『MY STORY』。  改めて、このアルバムの層の厚さを再確認できたように思います。
と言いますのも、今回のアンケート、上位4曲までが全てアルバム曲なんですよね。 これまでのアンケートでも、アルバム曲が上位に食い込むことはありましたが、 上位4曲全てというのはなかったかと。異例とも言えるし、納得とも言える結果です。  また、「GAMEと迷うけど…」 「どれも良い曲ばかりで正直迷ったんですが・・・」 「myname'sWOMENとHAPPYENDINGとReplaceで迷いましたが」 などのコメントも、『MY STORY』の<層の厚さ>を証明していますよね。

その他、今回の結果で注目したいのが、ライブパフォーマンスに対する言及が多かったことでしょうか。  マイストツアーから、アルバムタイトルを銘打ったツアーを行うようになったayu。 曲の世界観がステージにおいても表現されることによって、より深い想いを感じることが出来たり、 新たな発見があったり、色んな妄想が広がったり…(爆)。
“浜崎あゆみ”という名の下に、バンド、ダンサー、たくさんのスタッフと共に作り上げる一つのステージ。 そこには、確固たる自信と信頼が存在しているはず。だからこそ、こんなにも多くの人を魅了してやまないんでしょうね。 そして、これからもずっと、そんなステージを見届けていきたいものです。
(2007.02.08up)



top > vote > 「MY STORY」で、一番好きな楽曲は?