no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

vote

top > vote > 「I am...」で、一番好きな楽曲は?

□第三回「「I am...」で、一番好きな楽曲は?」


今更ですが、アンケート企画第三弾「「I am...」で、一番好きな楽曲は?」の結果を見ていきましょうか。「Duty」同様、こちらも1、2位に多くの票が集まりました。

【アンケート結果】(全投票数;190票)
01位「Naturally」(38票/20.0%)
02位「evolution」(32票/16.8%)
03位「Dearest」(16票/8.4%)
03位「no more words」(16票/8.4%)
05位「NEVER EVER」(15票/7.9%)
06位「M」(13票/6.8%)
07位「I am...」(12票/6.3%)
08位「still alone」(11票/5.8%)
09位「Endless sorrow」(10票/5.3%)
10位「flower garden」(8票/4.2%)
11位「Daybreak」(6票/3.2%)
11位「Connected」(6票/3.2%)
13位「A Song is born」(5票/2.6%)

少数派…
「UNITE!」(2票/1.1%)
「opening Run」(0票/0%)
「taskinlude」(0票/0%)


01位「Naturally」(38票/20.0%)
全投票数のちょうど2割の投票数を獲得し、一番人気となったのが「Naturally」。 これ、意外な?展開ながらも、個人的には嬉しい結果となりました。
と言いますのも、私自身も『I am...』の中だったら「Naturally」が一番好きなんですよね。  「あゆ作曲の中で一番好き」 「CREA作曲の曲の中での最高傑作!」というコメントとか、まさしくその通りだと思いますし。 こう言っちゃなんですが、CREAが作ったとは思えないくらいに秀逸だなぁ、と(爆。

そして、もう一つの魅力といえば、やはり歌詞ということになるでしょうか。 「やっぱり、詞がすごく胸を打つ。すごく心に響く詞。」 「歌詞に衝撃を受けた」からも、それがうかがえますね。  「言っている事が胸に突き刺さる」 「心をわしづかみにされて苦しいんだけど惹きこまれます。」 という感覚、非常によく分かります。

CREAによるメロディ、胸に突き刺さる歌詞、そこにayuのボーカルが重なりあったからこそ、 「すごく迷ってやっぱりこの曲!!!一番よく聴いている曲だと思う。」 「歌詞が神がかってるのと、曲のノリもかなりいけてる!」 「このアルバムの中で一番よく聴いた!発売された冬を思い出します。」 「歌詞もメロディも最高に好き。あゆベストを作る時は必ず入れますw」 というコメントに繋がるんでしょうね。

シングルじゃないのが不思議なくらいいい曲」 ――私も激しくそう思います。この曲をアルバム曲にとどめておくのは勿体無いですよね、正直。

CMで見たときから気になってました。」 ――VISEEのCMですよね。サビがキャッチーですから、一気に引き込まれてしまいますよね。


02位「evolution」(32票/16.8%)
1位と僅差ではありますが、2位となったのは「evolution」。
21世紀最初のシングルにふさわしく、疾走感溢れるナンバーのこの曲には、 「テンポにのってテンションも上がります。」というコメントを頂きました。 まさしくその通りですよね。最近はライブの影響もあってか、 聴くだけで文句なしにテンションが上がります。

PVのayuのくしゃくしゃの笑顔が好き♪」 ――歌っている時の あの笑顔はたまりませんよね。 とは言え、その裏で見せる表情が何処か痛かったりするんですが…。

こんな地球に生まれついたよだからayuに出会えたよ」 ――ayuファンならみんな、そういった気持ちになりますよね、きっと。


03位「Dearest」(16票/8.4%)
この当時の年末にたくさん歌われ、 浜崎あゆみの代表曲の一つと言ってもいい「Dearest」が3位にランクイン。
個人的に、一番あゆの気持ちが伝わってくる曲」 というコメントが示すように、この曲を歌うayuの姿からは歌詞以上の想いが伝わってくるなぁ、と思います。 やっぱりそれは、「遠回りしたけど辿り着いたんだね」と歌えるようになったからでしょうか。

そんな特別な想いが込められた「Dearest」だからこそ、 「私の中でのayuの名曲BEST5に入る♪」「ものすごく共感出来ちゃう!」と、聴く人の心をも掴むんでしょうね。

PVが好き」 ――私もこのPVは上位に食い込む勢いで大好きです。

acousticの方が好きかも。歌い方も」 ――アコースティックのほうが、ayuの感情がダイレクトに響いてくるように感じますね。


03位「no more words」(16票/8.4%)
「Dearest」と同じ得票数で3位にランクインしたのが「no more words」。
メロディーがキレイ。歌い方が切なくて泣きそうになる。隠れ名曲だと勝手に思ってます。」 というコメントが全てを表しているように思いますね。 「隠れ名曲」という意見にも納得です。  っていうか、この曲、黒と白に収録されるんじゃないかと密かに思ってたんですが、違いましたね(汗)。 いや、でも「隠れ名曲」という位置づけにとどめておくなら、収録されなくて良かったのかも…。

言葉はそうあまりにも時に無力だから。この曲に対するコメントは敢えてナシで。(笑)」 ――なるほど、了解いたしました(爆。


05位「NEVER EVER」(15票/7.9%)
3位と殆ど変わらない得票数の「NEVER EVER」には、 「切羽詰った感が好きv」というコメントが寄せられました。
この曲の魅力といえば、「切羽詰まった感」が溢れる歌詞にメロディ、そしてボーカルということになるんでしょうか。  特にあのボーカルは心を鷲掴みにされますよね。 それは、「何度聴いても鳥肌が立つ…」「心の奥底から叫ぶ感じが好き!」からも うかがえるかと。

ドームツアーでひざまづいて歌う姿に鳥肌!以来好きになりました。シンプルなだけにayuのパフォーマンスが生きる曲だと思います。」 ――実は私も、ドームツアーでのパフォーマンスを観て、この曲が好きになったんですよね。 あれは、何度観ても圧巻です…。感動です…。

あゆも言ってたけど、発売当初より、今聞くとすごい名曲だと思う!」 ――確かに…。あの当時は他のシングル曲に埋もれちゃった感がありますが、 今聴くと名曲だなぁと思います。

ほんの少しでも〜の所が特に共感できて好きです。」 ――激しく同意です。歌詞もさることながら、あの部分のボーカルもたまりませんよねぇ。


06位「M」(13票/6.8%)
ayuさんがCREA名義で初めて作曲を手掛けた「M」が、6位という結果に。
これはayuの冬の名曲でしょ!!」「Mが聴きたくなる季節なんで…」 というコメントが表す通り、冬といえばこの曲!って方、多いのではないでしょうか。

最近リミックスを聞いてみてちょっとツボだった。(笑)」 ――「M」のリミックスと言えば、バラベスに入っている"H∧L'S Progress"が好きです。 って、そんな私個人の好みなんてどうでもいいですか、そうですか(爆。

ラストサビの切羽詰った感じの歌い方が好き。まさにあゆって感じ。」 ――「NEVER EVER」もそうですけど、この当時のCREA曲って、「切羽詰まった感じ」のボーカルが多いですよね。


07位「I am...」(12票/6.3%)
アルバム一発目を飾るタイトル曲「I am...」には、「イントロからやられました」というコメントが。
確かに、あれはインパクト大ですよねぇ。 『(miss)understood』の一発目、yayayayagagagaga…にもビックリですけど、 『I am...』の「ちゃんと聴いてて」にもビックリ(爆)。  まずここで一気に引き込まれるというか、聴く人にある種の覚悟を与えるというか…。 「歌詞が凄い。」というコメントからもうかがえるように、 アルバムタイトル曲を一発目に置いたayuの想いが痛いくらいに伝わってくるなぁ、と。

ayu離れをしかけた頃にこの曲を聴いて一生ついていくと決意させられた曲です(笑)」 ――それはそれは…、思い出深い楽曲になりますよねぇ。

初めて聴いた瞬間、第二の「ASongforXX」だと思えた。」 ――なるほど…。「Memorial address」然り、「Secret」然り、アルバムタイトル曲って、何か特別な想いが込められている気がしますよね。


08位「still alone」(11票/5.8%)
ライブで一度も披露されていないのにも関わらず、8位に食い込むあたり、隠れた人気を誇る一曲と言ってもいいのかも。 そんな「still alone」には、以下のようなコメントが寄せられました。

最近になってはまった」 ――CREA曲って、改めて聴くと その良さに気付かされたりしますよね。かく言う私もその一人です。

切ない曲と詞で涙が出てくる。特に最後の約束は〜の部分がすごく好き。」 ――この曲、他の曲以上に切なさ全開!っすよねぇ。

詩、曲、声合い過ぎですね。すごく痛さみたいのが伝わってきます。」 ――CREAが作曲を手掛けているからか、ボーカルと曲、歌詞が上手い具合にマッチしてますよね。


09位「Endless sorrow」(10票/5.3%)
9位にランクインした「Endless sorrow」に関しては、以下のようなコメントが大部分を占めました。
シングルヴァージョンの方が好きです。」「オリジナルが好き。」 「オリジナルの歌詞のほうが好き」「歌詞がいいですね!あとアルバムverよりオリジナルの方が好きです!」 「この曲はアルバムの"gonewiththewindver."でなく、やっぱり"OriginalMix"でしょう。叫ぶように歌うayuにしびれます。」 ――もうね、これらのコメントには激しく同意ですね。 もちろん、アルバムver.もあれはあれで捨て難いですが、シングルver.のイントロあってのエンソロですからね。  だた、この曲をアルバムに収録するにあたって、新たに作り直したayuの想いは受け止めたいなぁ、と思います。

あゆにはもっと暗い曲をいっぱい書いて欲しい」 ――ayuの歌詞と言えば、<暗さ>が一つの魅力ですが、 その<暗さ>も時を経るごとに変化していってるなぁ、と感じます。

PVは映画を見ているよう!」 ――PVが好きというコメントもいくつか見られました。 うん、あのPVはPVの域を超えちゃってますよね。名作です。

CDLで聴いてから大好きな曲になりました!!」 ――2005-2006で歌われましたよねぇ。 ライブでのエンソロ、何気に好きです、自分。って、そんな私個人の意見なんて(ry。


10位「flower garden」(8票/4.2%)
シークレットトラックながらも、今じゃライブの定番曲となったこの曲には、以下のようなコメントが。
ライブで盛り上がるので最高です・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・」 「盛り上がる!!!」 ――もうこの曲は間違いなく盛り上がりますよね。体力消耗しますよね(爆。


11位「Daybreak」(6票/3.2%)
<痛さ>や<切なさ>が感じられる楽曲が多いこのアルバムで異彩を放っているとも言えるのが、 この「Daybreak」。
この曲から何度も元気を貰いました」「歌詞が勇気付けらます。」 「「どんなに遠く離れていても僕らはいつでもそばにいる」がすごく印象的!勇気をもらいました」 というコメントからうかがえるように、この曲は共に立ち上がるためのエネルギーを与えてくれる楽曲ですよね。

私達ファンに対するメッセージのような気がするから、好き。」 ――"共に""僕ら"と呼びかけているところとか、そう感じさせますね。


11位「Connected」(6票/3.2%)
Ferryによるトランスで仕上げられた「Connected」は、「かっこいい!!」の一言に尽きますよね。
初めて聞いたとき「おおッ」って思った壁|-∀-)ィヒヒ」という気持ち、よーく分かります。 このアレンジもそうですけど、そこに乗せられた歌詞にも「おおッ」と衝撃を受けてみたり。

高音の部分もきれい」 ――あの高音は素晴らしいっすよねぇ。今のayuさん、この曲歌えるのかな…?(汗。

ミから始まる詞(しかもカタカナで)に驚いて、気になって、すごく考えさせられた曲。」 ――あの部分は色々と考えさせられますよね。 一見すると単なる言葉の羅列のように思えますが、そこにはかなり深い意味が込められていそうです。


13位「A Song is born」(5票/2.6%)
この曲にはコメントが寄せられなかったんですが、あんまり人気ないんですかね?  万博の開会式で歌われたり、ベスト盤に収録されたりすることから、 ayuにとっては大事な一曲と言えそうなんですが…。


「UNITE!」(2票/1.1%)って、他のシングル曲に比べたら明らかに人気ないですねぇ(爆。
かく言う私も、ライブで聴く「UNITE!」は間違いなく盛り上がりますけど、 CDで聴く「UNITE!」は……うーん、って感じなんですよね(汗)。 うん、これはあくまで個人的な意見ですので悪しからず。
そんな「UNITE!」には以下のようなコメントが。

ライブじゃ定番!発売前と歌詞が違う。」 ――発売前と歌詞が違うって、初耳なんですが。詳細希望です(爆。


…以上のような結果になりました。皆さん、いかがだったでしょうか?
個人的には、「Naturally」が一番人気だということが判明して、嬉しい限りです。 あと、「UNITE!」の人気のなさには少々ビックリしました(爆。

CREA曲が大部分を占める『I am...』の楽曲って、<切羽詰まった痛さ・切なさ>が一つの魅力かなぁ、って思います。 今回のアンケートで寄せられたコメントにも、そういう意見がいくつかありましたよね。
「I am...」「NEVER EVER」「Naturally」などはもろにそういう印象ですけど、 アップテンポ曲の「evolution」「UNITE!」あたりも何処か痛くて、何処か切ない…。 CREAによるメロディだけでなく、あのボーカルアプローチがそうさせているのかも知れません。 ピンと張り詰めた糸が今にも切れてしまいそうな、ギリギリ感が伝わってくるんですよね、この頃のボーカルって。
だからこそ余計に、「Dearest」が暖かく感じられるなぁ、と思ったり。 いや、だけどあれはあれで切ないんですが(どっちやねん。
(2007.01.25up)



top > vote > 「I am...」で、一番好きな楽曲は?