no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

vote

top > vote > 「A Song for XX」で、一番好きな楽曲は?

□第二回「「A Song for XX」で、一番好きな楽曲は?」


はい、アンケート第二弾となった、「「A Song for XX」で、一番好きな楽曲は?」。みなさん、投票ありがとうございました。  それでは前回と同じように、皆さんから寄せられたコメントを参考に紹介しながら、結果を見ていきましょう。

【アンケート結果】 (全投票数;190票)
01位「A Song for XX」(71票/37.4%)
02位「YOU」(28票/14.7%)
03位「POWDER SNOW」(18票/9.5%)
04位「SIGNAL」(12票/6.3%)
05位「For My Dear...」(11票/5.8%)
06位「Wishing」(9票/4.7%)
06位「Depend on you」(9票/4.7%)
08位「Hana」(6票/3.2%)
09位「FRIEND」(5票/2.6%)
09位「As if...」(5票/2.6%)

少数派…
「Prologue」(4票/2.1%)
「FRIEND ||」(3票/1.6%)
「two of us」(3票/1.6%)
「Trust」(3票/1.6%)
「poker face」(2票/1.1%)
「Present」(1票/0.5%)
「from your letter」(0票/0%)


01位「A Song for XX」(71票/37.4%)
全体投票数の40%近くもの票を獲得、ぶっちぎりの一位となりました。  「これしかないとおもいます、、、」「やはりこれしかない!!」 「これ以外にはないでしょう!」「あゆの最高の曲!」という皆さんのコメントが示すように、 まさに文句なしの結果といえますね。

浜崎あゆみを語る上で、欠かせない一曲。」と言っても過言ではない「A Song for XX」。
あゆの原点の曲で感動します」「この曲なくしてあゅは語れなぃですっ!!『浜崎あゆみ』のスタート曲だと思ぃます。」 「人生のテーマソング。」 「やっぱり代表曲だし、今までたくさん助けられてきたから」 「あゆの原点何回も泣かされて励まされました永遠の名曲です私の中の」 「ASongfor.これは彼女自身の心底にある一生のテーマのひとつだと思います。」 などからもうかがえるように、ayuにとっても、そして私たちファンにとっても特別な一曲と言えそうですね。

その魅力は、やはり歌詞に因るところが大きいのではないでしょうか。
聞いているだけで泣きそうになります。歌詞が本当にいい。」 「歌詞が胸に突き刺さる感じ。凄く好き☆」 「非常に考えさせられる曲だよね」などと、あの歌詞に心打たれている方が多いようで。 かく言う私もその一人です。

その他のコメントとしては、以下のとおりです。
この詩に心をガツンとやられてしまった。当時の私にはかなりの衝撃でした。ファンになったきっかけの曲!!」 「この曲がなければファンにはならなかったと思う」 ――実は私もその一人なんですよね。『A BEST』の一曲目にこの曲が入ってたのが、全ての始まりのように思います。

やっぱりayuの原点であり、この曲を歌ってるayuの険しい何かを訴えかける表情がツボだから♪」 ――私も同じく、この曲を歌うayuさんが大好きです。

やっぱりコレは名曲!今年のa-nation行きたかったなぁ。。。」 ――今年のa-nationは貴重でしたよねぇ。「A Song foe r XX」、DVDに是非とも収録して欲しいと思ったんですが、 その願いは叶わず…_| ̄|○

この曲なしではぁゆを語れない。歌う時期によって聞き手もきっと歌い手もちがう感情がこみ上げている。」 ――それは私も痛感しますねぇ。聴くたびに姿を変える楽曲だと思います。


02位 YOU (28票/14.7%)
これも予想通りの結果と言えるのではないでしょうか。 ファンのあいだでは、昔から人気の高かった一曲ですよね。 バラードベストの投票でも選ばれてましたし。
「YOU」の魅力を一言で形容するならば、<優しさ/綺麗さ/初々しさ>という言葉がピッタリくるでしょうか。 1stアルバムの楽曲全体に言えることかもしれないんですが、 この曲は特にその印象が強いと言えるでしょうね。  それは、「若いキレイさがとても好きです!!」 「この曲何度聴いても飽きないんだよな〜、曲も歌詞も綺麗だし! 」 「メロディーも歌詞もイイ!今聴くと声が初々しすぎる。」 「この曲の優しいayuの歌声が好き!」という皆さんのコメントにも表れていると思います。

この歌で浜崎あゆみを知ったから。サビの歌詞とメロディとあゆのきれいな声が好き。」 ――この曲でファンになった人/ayuを知った人って多そうですよね。

この頃の、あゆの声も、いまのあゆの声も、いつ歌ってもしっくりくる」 ――この頃の「YOU」は、どこか儚いイメージがありますけど、今歌う「YOU」は全てを包み込むような暖かさがありますよね。


03位 POWDER SNOW (18票/9.5%)
この曲が上位に来るあたり、さすが皆さん!さすがayuファン!…と偉そうに言ってみる(爆。  1stアルバムと言ったら「A Song for XX」が余りにも有名ですけど、 この曲を忘れたらいけないですよね。

切ない!!!!」「あゆの声とせつなさがとてもマッチ」 「美しい曲調にあゆのキレイな声がマッチしてて泣けてきます」 と、まさに<泣き>の一曲と言えるでしょう。泣きたいだけ泣いてもいいYO!!(爆。
デビュー当時、明るく前向きというイメージが強かったというayu。 そのイメージを壊すために作られたのが「A Song for XX」であり、「POWDER SNOW」でした。 「「ayu」って感じの詞」というコメントからも分かるように、 この曲にはこれまでのシングル曲では表現しきれなかったayuの想いが込められていますよね。

無性にPOWDERSNOWが聞きたくなるときがあります。」 ――その気持ち、よく分かります。落ちたい時は、この曲でとことん落ちる…みたいな。 そうです、「ネガティヴ=悪いこと? 肯定するのは私。否定するのも私。」(この言葉、前も引用したような…)

この暗さがいい!!人間いつもうまくいってるわけではない」 ――この曲の魅力といえば、救いようのない暗さですよね。 だけど、「ネガティヴ=悪いこと? 肯定するのは私。否定するのも私。」(もうしつこいですか、そうですか)

暗い曲が好きなんだけど、名曲ASongfor××はベスト宣伝時のが好きだったから。」 ――なるほど。でもどちらにしろ、「A Song for XX」と「POWDER SNOW」は、このアルバムのコアとなる2曲ですよね。


04位 SIGNAL (12票/6.3%)
「SIGNAL」と言ったら、KAT-TUNよりもayuだYO!!(ぇ?
けっこう人気あるんですね、「SIGNAL」。かく言う私も、この曲は密かに好きですが。 「初々しいAyuが好き」というコメントが示すように、 初々しいボーカルと、「そこがどんな場所でも生き抜いてみせる」という覚悟が見事なコントラストを描く一曲。

「過去はきっと今とは〜」の部分が好き!!今を生きなきゃ!って思えます。」 「今なら言える〜の歌詞が好きです!いつも励まされます☆」 ――私もその部分は好きですね。思えばこの頃から、ayuさんは現在(いま)を生きてきたんだなぁ、と。


05位 For My Dear... (11票/5.8%)
シングル曲では、「YOU」に次ぐ票数を獲得した「For My Dear...」。 意外っちゃ、意外な結果かも。98年のシングル曲の中では一番地味な曲だと思うので。 知名度こそは低いものの、隠れた名曲と言えそうですね。

ayuを好きになったきっかけの曲です(* ̄ー ̄*)」 ――やはり、ファンになったきっかけの曲って、思い入れが強くなりますよね。

聞くたびに涙が溢れる(T_T)/~~」 ――あの透明感あるハイトーンボイスがまた涙を誘いますよね。


06位 Wishing (9票/4.7%)
この曲の特徴といえば、頭にその情景が浮かんでくるくらいに具体的な歌詞ですよね。  だからこそ、「友達がこの歌を贈ってくれて感動しました。」 「元カレとの思い出の曲!」「このエピソードに親近感がわくのです。」 のように、自らの経験と重ね合わせながら聴くことによって、ある種の共感を得られるのでは。 これは、このアルバムの楽曲全体に共通する傾向と言えるでしょう。

melodyとあの頃のayuの声にグッとくる。」 ――この曲は、あの頃のayuだからこそ歌えた曲ですよね。


06位 Depend on you (9票/4.7%)
98年のシングル曲では一番知名度が高いと言えるであろう「Depend on you」は、6位という結果に。 「タイトルどおり自分次第という所が好き」というコメントのように、 デビュー当時よりも少し成長した主人公がこの曲には存在しますよね。

乗れる!唄いだしOK!ミュージアムLIVE良かった。」 ――確かに、あの歌いだしは印象的ですよね。A museumでのパフォーマンス、私も思い出深いです。

勿論曲も好きだけどこのPVのayuが超好き!カワイイ!!」 ――激しく同意です(爆。


08位 Hana (6票/3.2%)
この曲に関しては、「歌詞が好き」というコメントのみでした。 しかしながら、この先何度か登場する「花」というモチーフを最初に扱った曲という意味では、 押さえておきたい一曲ですよね。


09位 FRIEND (5票/2.6%)
この曲に対するコメントは寄せられませんでした。


09位 As if... (5票/2.6%)
先ほど挙げた「Wishing」同様、こちらも具体的なエピソードが描かれているだけあって、聴く人の共感を誘う楽曲のようです。 「歌詞そのままの恋愛をしてた時泣きながらよく歌った曲だから」からも、それは明らかかと。


ここからは、少数ながらも貴重なご意見を紹介していきましょう。

「FRIEND ||」(3票/1.6%)には、以下のようなコメントが寄せられました。
あのイガちゃんとあゆがコラボしてたのにびっくり!でも、意外と相性が良くて、これ一曲なのがもったいないです(笑」 「いかにも五十嵐さんが作った曲って感じ。この頃のayuの澄んだ声に合ってる。」 ――この曲の一番の特徴といえば、やはり五十嵐さん作曲ですよね。 前掲のコメントにもあるように、メロディ・アレンジともに五十嵐さん節炸裂の楽曲だなぁと思います。 それがいい具合に、ayuさんのボーカルとマッチしているんですよねぇ。今となっては、貴重な一曲と言えるかも。


「two of us」(3票/1.6%)には「R&Bっぽくて好き」というご意見が。 確かに、これって当時としてはかなり異質なメロディにアレンジですよね。


シングル曲ながらも、意外?と票が伸びなかったのが、「Trust」(3票/1.6%)「poker face (2票/1.1%)」。 普通、デビュー曲というと、そのアーティストの原点と言われることが多いんでしょうが、 ayuの場合は「A Song for XX」の印象が強すぎるんでしょうね、やっぱり。
「Trust」には「メロディーと歌詞が大スキです」というコメント、 「poker face」には「初々しいayuの歌声が好みです。」というコメントがそれぞれ寄せられました。


…いかがだったでしょうか。皆さんが投票したお気に入りの楽曲は、何位でしたか?
「A Song for XX」と「YOU」が1、2フィニッシュを飾るのは予想通りと言えますが、 「Trust」や「Depend on you」よりも、「For My Dear...」が上位というのは意外な結果でした。 あと、「POWDER SNOW」の3位という結果も個人的には興味深かったです。

このアンケートのレビューをやっていて思ったことが一つ。  それぞれのアルバムには、そのアルバムにしかない独特な雰囲気がありますが、 『A Song for XX』はそれが特に顕著に表れているなぁ、と。
皆さんのコメントにもあった「初々しさ」なんて、このアルバムでしか感じられないものですよね。  とはいえ、このアルバムが全ての始まり。 タイトル曲が示すように、ayuの原点とも言えるアルバム。 そういう意味では、いつまでも大事にしていきたい一枚と言えるのではないでしょうか。
(2006.10.16up)



top > vote > 「A Song for XX」で、一番好きな楽曲は?