no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

さえまん的ayuレポ

top > ayuレポ > COUNT DOWN LIVE 2005-2006

□2005.12.31 COUNT DOWN LIVE 2005-2006 at 国立代々木競技場第一体育館


セットリストを見る

行ってきました、2回目の参加となるCDL。
前回は雪が降って大変でしたが、今回は天候も良好。
待ってるあいだもそんなに寒くはなかった…ことはないです、正直。
でもまぁ、前回に比べるとマシではありましたが。

今回の席は一階スタンドということで、前回よりもステージに近づきました。
一体どんな曲が聞けるのか、想像も出来ないまま開演を待つ…。

23時を少し過ぎた後、ついに暗転!
ステージ左右と真ん中に設置されているスクリーンには、
これまでのCDLの映像が次々と映し出されます。
ちょっと感傷に浸る私。ちょっと懐かしむ私。
とはいえ、20042005しか参加してませんけど。

その後、ステージに垂れ下がっていた白い幕には、
ダンサーとayu(も居たのか?)のシルエットが!
イントロが鳴り出した瞬間、白い幕がはがれ、ayuさん登場!

ウ…ウキャ━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!

気になる一発目は「STEP you」。
紫っぽいワンピ+コルセット(?)で登場したayuさんが激しく熱唱!
この曲はあれですね、間奏部分のダンスが好きです。
ダンサーさんとayuの絡みがいつ見ても息ピッタリで。

続く「SURREAL」「UNITE!」では、いつものように大盛り上がり。
この2曲って、マイストツアーと同じ流れですよね?

ayu、ダンサーさんたちがステージ上から立ち去った後、
スクリーンに映るのは「fairyland」のPV映像。メイキングも混ざってたような。

その後、紅白と全く同じ衣装で登場したayuさん。曲はもちろん「fairyland」。
というか、「fiaryland」じゃなかったら、おかしいですから。
ピンクの花がいっぱいついたこの衣装、かな〜り好きです。カワイイ(・∀・)!!
やっぱayuさんはこういうのが良く似合う!
A museumの「forgiveness」の時もそうでしたけど。
こんな衣装でもやっぱり、お約束のお腹は今日も健在でした。

ダンサーと魅せたパフォーマンスもPV、そして紅白と同じような感じでした。
前から思ってましたが、「僕達は今最も永遠に〜」の部分の振りがイイ。是非マスターしないと。

よっちゃんのギターソロのあと、ayuが緑の衣装を来て登場。
曲はなんと「Endless sorrow」。この曲が聞けるなんて、かなり意外!
大きな十字架を背に歌うayu。
その十字架はワイヤーで吊られてあり、曲の途中から上昇。
ドームツアーのミラーボールが、十字架になった感じです。

っていうか、どこまで上がるんですかayuさん!みたいな。
最終的にはステージセットの最上部まで行きましたよ。ぎりぎりのところまで行っちゃいましたよ。
あんなに高いところで歌って、怖くないんでしょうか。
だって、立っているスペースはちょっとですよ?
しかも、大人数を前にして歌うんですよ?
そんな私の気持ちとは裏腹に、優雅に、そして壮大に歌うayu。
会場全体を見渡しながら歌うのが気持ちいいんでしょうね、きっと。

その後、再びステージ上に現れたayu。続いては「Because of you」。
この曲がCDLで聞けるのも、意外と言えば意外。
2004年のツアーでの「Because〜」を、再現したようなパフォーマンスでした。

ayuたちが引いたあと、ステージ袖からは和楽器を演奏する方が登場。
たぶん、笛だったと思います。何て言う楽器かは知りませんが。
その後、前回のCDLと同じく、梵天チームが登場して和太鼓の演奏が始まります。

赤いドレスを着たayuが登場。曲は「theme of a-nation'03」
(゜∇゜ ;)エッ!? 「theme of a-nation'03」??
とてつもなく意外な選曲にビックリ。
この曲をCDLで聞けるなんて、想定の範囲外すぎですから。
a-nationでも何でもないのに…。っていうか、a-nationの時は聞かなかったのに…。
カップリングにしか収録されていないこの曲、
あんまり知られてない曲だろうなぁって思いましたが、
けっこう皆さん、ご存知のようで。ペンライトがきれいに揃ってましたし。さすがCDLですね。

ayuさんの歌声、CDに収録されているものより良かったです。
何だか、より優しい雰囲気がプラスされていました。
やっぱりそれだけ、ayuさんの歌唱力や表現力がupしたということでしょうか。

静かにお祭り気分を味わった後は、一気に突っ走って行こうっていうことで、
「evolution」お祭りバージョン!
赤いボディースーツ風の衣装と黒いブーツで登場したayu。
手にはダンサーさんと同じくAマーク入りのうちわ。
っていうか、あのうちわ欲しいんですけど。
次のa-nationあたりで、商品化したらいがかですか?

やっぱりこのお祭りバージョンは楽しいですね。ソイヤー!!
ダンサーさんたちは太鼓を使ったパフォーマンスを繰り広げていました。
この曲のときでしたっけ?? ayuさんも和太鼓を叩いていたのは。
あれは貴重でした。 思わず双眼鏡でガン見してしまいました。

その後の「Humming 7/4」「flower garden」では、さらに会場がヒートアップ!
飛んで跳ねて、弾けまくりです。 と同時に、体力の限界を感じさせます…(汗。

そしていよいよカウントダウン!!
スクリーンには今年のライブ映像(マイストツアー、a-nation)と共に、
ayuからのメッセージが流れます。
「世界がひとつになりますように…」

15秒前から会場全体でカウント。
15、14、13、12、11、10、9、8、7、6、5、4、3、2、1…
a happy new year!!

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

ついに明けましたよ!2006年!!
このまま一気に「Boys & Girls」。会場全体で大合唱!

その後、大勢のゴスペル隊が登場。 迫力のある歌声が会場に響きます。
まさにゴスペル(何だそれ。

白いワンピースにハット、パーマのウィッグでayu登場。
本編最後の曲は「Bold & Delicious」。
ヤバイ! 予想はしてましたけど、この曲ライブ向け過ぎる!
「ボールアンドデリシャーアースッ!!」では、拳を上に突き上げる!
「そう自由になって〜」では、手拍子しなから叫ぶ!
いや〜、これはハマりました。ナマで聞いて、さらにハマりました。

ここでバンドメンバーの紹介あり、本編が終了。

続くアンコール。
ライブTシャツ、ジーンズに白いニット帽をかぶって再び現われたayu。
ニット帽をかぶって登場って、珍しいですよね? いつもキャップかハットですし。
っていうか、白いニット帽をかぶるayuさんカワイイ!!
私がかぶるとスキー教室に行くみたいになるのに(爆。 ウラヤマスィ…。

さて、ここからはアコースティックコーナー。
イスに座ったayuさんが聞かせてくれます。酔いしれます。

まず、最新アルバムから「rainy day」。
…なんかこの曲の時の記憶が全くないんですけど(汗。 何故?

続いては…なななななんと!!「LOVE〜destiny〜」!!
新年早々、キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

この曲がナマで聞ける日が来るなんて…( ´Д⊂ヽウェェェン
前回の「immature」並みの衝撃! この曲も一度ナマで聞きたかったので…。
やっぱりayuさんは私の気持ちを知って(ry。
もうね、イントロからしてヤバイですから。涙モノですから。
ayuさんの歌声が心に響きました…。
ホントにありがとう、この曲を歌ってくれてありがとう。

3曲目は「HEAVEN」。
少し涙をこらえながら(?)、歌うayuの姿が印象的でした。
個人的にはCDみたく、ストリングスを織り交ぜて欲しかったかな。今度のツアーの時は是非!

ここでMC。
よっちゃんが前回のCDLで約束した、「次のCDLまでに10キロ痩せます!」宣言の結果を発表。
よっちゃん曰く、「この前までは痩せてたけど、また太った」とのこと。
うん…どうやら失敗したようですね;;
ちなみに10キロ太ると宣言したエンリケさんもムリだったようで。

そこでよっちゃん、次のCDLまでに10キロ痩せたら
「僕のためだけに長ーいウエーブをやってほしい」と提案。
長ーいウエーブ、是非やりたいですね。その為にもよっちゃん、早急にダイエットを!

前回と同じく、バンドメンバーがそれぞれ今年の抱負を述べます。
最後にayuさん。「今年もマイペースに健やかに過ごせたらいいな」みたいなことを言ってました。
というかayuって、こういう抱負を言うのって好きじゃないっぽいですね、なんとなく。

続いては、なんと!! 新曲「Startin'」!!
いやぁ〜、これはビックリですね。早くもフルで聞けるなんて。しかもナマで!
曲調、歌詞からして、かなり挑戦的・攻撃的な感じ。新しい幕開けというか。
一体いつ発売されるのか気になるところですな。。。

お次は…おなじみの「Trauma」。
お約束のダンスで会場全体が盛り上がります。
ayu曰く、呪いがかかっているというこの「Trauma」。今回は間違いなしでした(笑。

そして最後は「winding road」。 前のCDLと一緒ですね…。
個人的には「Beautiful day」が来ると思ってたんですが。 それはツアーまでお預け?
ダンサーさん紹介でメンバーの名前を間違いまくるayu。
そのお詫びとして(?)、「ねぇ今もうまくは生きれないよ〜」からの部分で、アドリブで替え歌を披露。
前回の「Trauma」並みのアドリブっぷりでした。

バンド、コーラス、ダンサー、梵天チーム、そしてコーラス隊と共に最後のお礼。
そして毎度お約束となった、ナマ声の「ありがとうございました〜!」
なかなか静かにならないのは、CDLでも一緒でした。ヽ(`Д´)ノプンプン


――――――ここでまとめ――――――

2回目の参加となったCDL。やっぱり、ayuと一緒に年を越すというのは、格別ですね!
って、あんまり実感がなかったりもするんですが…。

今回もまた、意外な選曲がいくつかありました。
「theme of a-nation'03」とか、この曲が聞けるとは誰も想像していなかったでしょう。
この調子で行くと、次は「ever free」あたりが来るかも(ぉ?

個人的に嬉しかったのが、「LOVE〜destiny〜」。
前回の「immature」と同様、一度ナマで聞いてみたかった曲。
二年連続で、夢が叶いました。
この調子で行くと、次は「Far away」「End roll」あたりが来るかも(ぉ?
どちらも、ナマで聞きたい曲なんです。にしても、暗い曲ですね;;

と、今回もこのCDLでしか聞けないような曲が聞けて、嬉しかったんですが…
前回に比べると、何だか新鮮味に欠けていたような気がします。
やっぱりそれは、前回と同じような流れだったからかなぁと。
懐かしい曲を織り交ぜるのも、カウントダウン前後に和太鼓をもってくるのも、
アンコールでアコースティックを披露するのも。そして、最後の「winding road」も…。
正直、展開が読めてしまう部分が多々ありました。

今回の場合、アルバムの制作が押してしまって、
CDLの準備にかけられる時間が少なかったからではないかと思ったり。
CDL中、ちょこちょこと歌詞を間違えていたayu、いつも以上にテンパってたみたいでしたし。
これからは、CDLといえども、もうちょい時間がかけられるといいなぁと思います。
そのためにはアルバムリリースのサイクルを変える必要があるわけですが…(汗。
それともただ単に、前回の流れが良かったから、今回もそれを基本にしただけかもしれません。
まぁ、どちらも憶測でしかありませんが。

あれですね、「(miss)understood」のアルバム曲を一曲しか歌ってないところからして、
次のツアーは最新アルバム中心になる予感。っていうか絶対そうですよ。マイストツアーみたく。

色々言ってきましたけど、やっぱりCDLは特別ですね。会場の盛り上がりが。
もうこれは病みつきになります。代々木に行かなきゃ年を越せないよ!みたいな。
また、今年もayuと一緒に年を越したいものです。っていうか越しますから!



top > ayuレポ > COUNT DOWN LIVE 2005-2006