no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

さえまん的ayuレポ

top > ayuレポ > COUNT DOWN LIVE 2004-2005

□2004.12.31 COUNT DOWN LIVE 2004-2005 at 国立代々木競技場第一体育館


行ってきました!初CDL。
もうこの日をどれだけ楽しみにしていた事でしょう。
31日当日、ここは東京か?と疑ってしまうほど、雪が積もってました。
もう、開場待ちの時とか足がどうかなりそうなくらいに冷たかったし。

でもね、会場に入ったら不思議とそんな気持ちはなくなっていくんですよ。
今回の席は北スタンド2階H。今までの代々木で一番悪い席ですが、天井に近いですが、
もうそんなのはこの際どうでもいいですよ。

ってな感じで、そわそわしながら待ってたら、いきなり暗転。
時間にして、23時15分ぐらいだったでしょうか。

緑色のレーザーが会場を包み込む。
この演出、この前のアリーナツアーと一緒ですね。

そして…ん? このイントロは…なぁ〜んと、「WHATEVER」じゃないですか!
今回のCDLは懐かしい曲もやるって聞いてましたが、いきなりこの曲がくるとは…もう驚き。
頭の中には第一幕の映像が蘇りました。

世界史で出てきそうな黒い海軍チックな服?を着たayuが登場!

キャ━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!
あれ? 最初の歌いだし「長かったよ」が歌えてなかった気がしたんですが…

曲の途中、3人の男性ダンサーさんに抱えられるシーンがあるんですが、
それを見て改めて思いましたよ。ayuさん、あなたって小さいねぇ。

ここで軍服を脱ぎ、ピンクのタンクトップ姿に。
そして、次の曲…( ゚д゚)ハッ! こ、これは…「immature」じゃないですか!
私がナマで一番聞きたかった「immature」じゃないですか!
マイベストを作る時は必ずと言っていいほど入れる「immature」じゃないですか!

もうダメ…2曲目にして早くもヤラれました。完敗です。
まさか、この曲が聞けるなんて…ayuさんは私の気持ちを知っててこの曲を?(違
歌い出しの瞬間、思わず叫んでしまった私。歌ってる間、茫然としてしまった私。
この曲を歌ってくれてホントにありがとう…(;つД`)

お次は定番曲、「Fly high」!
サビの腕を上下させる振り、かなり好きです。ここで一度壊れます。

ダンサーさんのダンスショーのあと、白いドレスを着たayuが登場。曲は「Duty」。
「Duty」が聞けるなんて、凄く意外。しかも、白いドレスで歌うなんて…逆に新鮮。

ドレスからフラミンゴバレリーナ風の衣装に変わり、「M」、そして「CAROLS」。
ちょうど、この日の天気に合っていて、より心に響きました。

ここから一気に雰囲気が変わり、和太鼓の演奏が始まります。
しばらくして、白いハッピを着たayuが登場。
曲は「evolution」。お祭り風?にアレンジされてました。
っていうか、この振りかなり面白かったんですが。
最後の「せいやー」っていう掛け声もツボ。

そのままのノリで「flower garden」。さらに盛り上がります。
この曲を本編で聞くっていうのが、ちょっと意外。

そしてそして、いよいよカウントダウンですよ!
「AUDIENCE」の途中で15秒前からカウント。
って、以前もこんな感じだったような。
まぁそんな事は置いておいて、ayuと共に2005年を迎えるワケですよ。
「15、14、13…」もう、会場が一体となってカウントです。

そして…
「3、2、1…A HAPPY NEW YEAR!!」
キタワァ*:.。..。.:*・゚(n'∀')η゚・*:.。..。.:* ミ ☆

つ、ついに…年を越しました。とはいえ、あんまり実感はなく…
その後すぐに歌の続き始まったし。

新年を向かえ、テンションも高くなったところで「independent」、「Trauma」の2曲。
ここは2階席。踊る人少ないかなぁ〜とか思ってたんですが、そんな心配は無用でした。
殆どの人が踊ってたし。自分の周りだけじゃなく、会場にいる殆どの人が。
こんなに一体となって踊ってる光景を見たのは初めてです。
ということで、自分も負けじと踊らせてもらいました(笑。

ここでの名場面といえば、「Trauma」2番歌詞の度忘れ。
以前に何回か、ここの歌詞は間違えてた気がするんですが、ayuにとっての鬼門なんでしょうか。

本編最後は「INSRIPE」。サビのところの振りはなしでした。
印象に残ったのは2番サビが終ったあとの「そう人はひとりじゃ生きれない〜」の部分。
ここだけ伴奏・コーラスが一切なくなり、アカペラ状態に。
会場に響くのはayuの声だけ。
「ねぇ愛だとか夢だとかを 口にする事は カッコ悪い事なんかじゃない」
ayuの想いがより伝わりました。鳥肌モノです。

続いてアンコール。グッズのTシャツとジーンズを着て再登場。
まずはアルバムの曲で「walking proud」。
今の自身の想いが詰まっているからか、歌う表情がそれまでとはどこか違った印象。
ツアーでもう一度聞いてみたいです。

MCでは、バンドメンバー一人ひとりが今年の抱負を言ってました。
よっちゃんは10kg痩せる、エンリケさんは反対に10kg太るそうです(笑。
ayuは、もっと自由にやっていけたら…そんな感じのことを言ってました。

ここからはayu、よっちゃん、エンリケさん、コーラスの2人が椅子に座ってアコースティックライブ風に。
「懐かしい曲を2曲いきます」ってことで、まずは「TO BE」。
以前、TAライブで一回ナマで聞いた事がありましたが、
もう一度聞けるなんて…かなり好きな曲なので、嬉しすぎ。

次の曲は「Key〜eternal tie ver.〜」。個人的にこの曲が一番意外でした。
バラベスでも選ばれてたし、けっこう人気あるんでしょうか?

次の曲、「Humming7/4」の振りつけ教室がここでありました。
前のツアーファイナルでもそうでしたが、振り付けを教えているayuがなんか好き。
どんどんテンション高くなっていって壊れていくayu…。
「ちょっとごめん、息切れた」が印象的(笑。

そして、振り付け教室の成果を試すべく、「Humming7/4」へ。
やっぱこの曲はライブのためにある!という感じ。かなり盛り上がりました。
っていうか、もう、しんどいんですが…体力の限界を感じてみたり(汗。

次はライブの定番、「Boys & Girls」。スクリーンに歌詞が出て、みんなで歌うというパターン。
なんだかんだ言って、この曲も盛り上がりますね。ちょっとマンネリのような気もしますが。

いよいよ最後の曲、「winding road」。途中でメンバー紹介も。
感極まってるayuの表情。「MY STORY」で伝えたかった事が集約されてるというこの曲。
CREA曲ということもあってか、ayuにとっては特別な曲のように感じました。

最後のナマ声、「ありがとうございました〜」
これが今回も聞けて、ホントに嬉しかったです。こちらこそ、ありがとう!


初のCDL。とはいえ、一緒に年を越した〜!っていう感覚があまりないのは何故でしょう?
後になって実感していくのかな。うん、多分そうですね。

今回一番驚いた事といえば、やはり選曲。これほど懐かしい曲をやってくれるとは…
嬉しいというより、驚きのほうが大きかったです、正直。
「immature」はホントに感動でした。一番、ライブで聞きたかった曲だったので。

ここまで言っておいてアレですが、昔の曲をナマで聞いて思った事。
やっぱり、昔の曲はその当時の歌い方がいいなぁと。
「immature」、「TO BE」などは原曲の透き通った感じのほうが曲の持つイメージに合ってるというか。
でもまぁ、あの頃の歌声を今のayuに求めるのはやっぱり無理なワケで…ここらへんは仕方ないですね。
昔の曲をナマで聞きたいと思いつつも、昔の歌声を求めてしまう…なんかちょっと複雑な気持ちです。

あと驚いた事は、会場の雰囲気。やっぱり、CDLだけあって一体感がより一層強いです。
「Trauma」「independent」の振りをやってる率が一番高かったような。
私が今まで参加したライブの中で。

最後に残念な点。
バンドとボーカルのバランスが悪かった気がしたのは私だけですか?席にもよるのかな。
ayuの低音部分が聞き取りにくい時が何回かありました。

まぁ色々言ってきましたが、こうやってCDLに参加できたことを嬉しく思います。
よっちゃんがMCで言っていた、「今年もまたここでみんなと年を越せたらいいなぁと思います」
私も今、全く同じ気持ちです。
今年の年末も、またこうしてayuと一緒に年を越せますように…



top > ayuレポ > COUNT DOWN LIVE 2004-2005