no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

さえまん的ayuレポ

top > ayuレポ > a-nation'05

□2005.08.28 a-nation'05 at ポートアイランド神戸空港北会場


セットリストを見る

さて、今年も行ってまいりました。a-nation。
去年と同じ会場?と思いきや、駅に着いて歩いて行ったら、全然違うルートだったし。
たどりついた所もなんか去年とは違う場所(多分)。
やっぱりそこは埋立地。一年経つとこんなに様変わりするのね…。

台風も去り、当日は思いっきり晴れるかなと思っていたら、会場に着くと、どんより曇り空。
お昼ぐらいの時なんて、パラパラと雨まで降ってきたし。
雨具とか何にも持ってきてない私はどうしようかと思いましたよ。
ま、まさかayuさんが…(以下自粛。
その雨もすぐに止みましたけどね。

今回の立ち位置はBブロックのど真ん中。ステージ全体を見渡すには絶好のポイント。
花道からも割りと近かったし。今までのa-nationで一番の良席!


14時30分。オープニングアクトスタート。
まずは安良城紅さん。「この人がVISEEの後継者かぁ」という印象しかなく…。
(というか、後継者っていう言い方はどうよ?)
そしてmink。なんかこの方、松浦社長が歌声を聴いて惚れこんだらしいですよ?
うん、確かに歌は上手かったです。平原綾香みたいな感じ?
続いて、エイジアエンジニア。PV観たことあるんで、けっこう楽しめました。
こういうヒップホップ系のノリって、エイネで今までなかった感じ。

ここでアクトダンサーの登場。
「fairyland」のリミックスでダンスを披露してました。
小さい子も大人に負けないくらい力一杯踊っていて…おばちゃん感激(誰?


15時15分。いよいよ本編スタート。まず最初は鈴木亜美さん。
「BE TOGETHER」はやっぱり自然と口ずさみますね。懐かしすぎ。
一部ファンのモー○。的なノリが目立ってたり。
「ねがいごと」、よかったとです。

2組目はロードオブメジャー
新曲「蒼天に向かって」、けっこうイイ曲。
こういう男性バンドという存在はa-nationには貴重なのでこれからも頑張ってもらいたいところ。

続いてDo As Infinity
DAIって、いつからツインボーカル制になったんですか?
途中から亮さんがギターを手離して、伴ちゃんと一緒になって歌ってたし。
アッパーな曲中心ということで、会場のノリも良かったです。
夏の野外にはこういうバンドサウンドは映えますね、やっぱり。
亮さんは最近、白髪が増えてきたそうですよ。「老いに負けるなInfinity」(笑。

次のアーティスト…と思ったらマイアヒーキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
いやぁ〜ホントにビックリ。
って、のまネコが登場して、曲にのせて脱力感溢れるパラパラを披露しただけですけどね。
ここでO-ZONEが登場してくれたらネ申だったのに。ま、普通に無理ですけど。
というか、あの着ぐるみ…かなり暑いやろうな。
ステージから去っていく時の背中がそれを物語ってました。。。

そして、本日のサプライズアーティスト、島谷ひとみ
野外ライブは初めてということで、緊張していた様子。
この人ってアレですね、歌ってる時と喋る時の声が違いすぎですね。
喋るとかなりアイドル声、アイドル的なノリなんですもん。
「みんな、盛り上がってるぅぅぅ〜?」みたいな。
とりあえず、髪の毛がキレイでした。(え? それだけ?

続いてはボンバーなヘアーで登場した大塚愛さん。
今回、けっこう注目してたんですが、正直期待外れ…。ちょっと残念。
なんか…あんまり声が出てなかったように感じたんですが。
大塚さんって、声帯弱いと思います。この前も体調崩してたらしいし。
今日も、いっぱいいっぱいな歌い方だったし。
言うなれば、第一幕・第二幕のayuさんみたいな感じ。(いや、ちょっと違うか?

盛り上げ方は相変わらず上手いんですけどねぇ。
ウエーブとかサザエさんのエンディングソングで退場とか。
個人的には、さくらんぼの「もう一回!」が出来て、なかなか満足。ま、自己満ですが何か?

お次は倖田來未さん。
いやぁ〜、イイ意味で驚きました。あの衣装にもですけど、ステージングに。
横に縦に上に…と、広いステージを上手く使っていたと思います。
迫力のある歌声はもちろんのこと、ダンサーさんとのパフォーマンスも目を見張るものがありました。
お客さんへの煽りも上手かったし。
まさにライブアーティストという感じです。ナマで見てこそ、本当の良さが感じられるというか。
こんな風に感じたのはayuさん以来。(ぉ?

今後ますます人気が出る予感。期待大。
女性からの声援が多かったしね。これはけっこう強いと思うんです、同性からの支持って。
私も今回、ナマで見てけっこう好感持ちました。
ま、あの露出具合はどうかと思いますけど…。けどあれもやっぱり一つの魅力みたいで。

そして、次はBoAさん。
意外と盛り上がりに欠けていたのは…選曲のせいかな? ポップな曲が一切なかったし。
最近のリリース曲からみても、BoAさん、今後はこういう路線なんでしょうか。
「DO THE MOTION」と新曲の「make a secret」の時のパフォーマンスがカッコ良かったとです。
そんなBoAさん、今回久しぶりにナマで見ましたが…やっぱり一段と可愛くなってますよ。
衣装もBoAさんの雰囲気に合ってたしね。

2組目のサプライズアーティスト、globeの登場。
昔懐かしの曲も聞けて…。小室ファミリーの黄金期って感じ。
ですが、なんかやたらと間奏が長くて、間延びした印象…。
私はこの頃、耳の痛さ最高潮でした。globeのデジデジサウンドが耳に響く…

あれですね、独特の世界観に観客がついていけてない感じでした。
途中、小室さんが突然キーボードを投げつけたしね。
私を含む大半の方々は( ゚Д゚)ポカーンって感じでしたけど、アレはお決まりのパフォーマンスらしいですよ。

いよいよ終盤に差し掛かってまいりました。続いてはEvery Little Thing
最初の2曲はアコースティックなナンバーで聞かせるELT。
そして恒例の「あほになる気はあるのかお前らぁぁぁぁ〜ヽ(`Д´)ノ」
その後は壊れ曲のオンパレード。
特に最後の「Dear My Friend」はこれまでで一番の盛り上がりをみせました。
去年もそうでしたけど、静と動を上手く使い分けてますね。ここらへんはやっぱり長年やってきてるからこそ。
トークもいつもながらイイ味出してたし。

そして、a-nationといえばこのアーティスト、TRFの登場。
やっぱりなんだかんだ言って盛り上がりますよねぇ。
私自身、「サーバイバルダーンス!」「ポウ(・∀・)!」をやらないと、a-nationに来た気がしません。
曲を聞いただけで、歌えるから不思議なもんです。
というか、TRFが終わった時点で私の体力は限界を迎えていました…。ちょっと弾けすぎた…。


ついに最後ですよ!トリを務めるのは我らがayuさん!

ダンサーさんたちと共に、ステージから檻みたいなのが上がってきて、そこからayu登場。
コレって…去年と同じやん。。。
白のへそだしとミニスカというかなりキュートな衣装。
髪の毛は一つにくくってました。エクステ付けてたような、付けてなかったような…。
一曲目は「STEP you」。アリーナツアーでは見られなかったダンサーさんとの絡みがありました。

二曲目の「Greatful days」が終わってから、少しMC。
「いつもは東京で最終だけど、今年は神戸なんで、何か新鮮です。」
とか、そんな事を言ってたと思われます…。(正直、覚えてないし。)

「次は8月に発売された新曲です!」ということで、「fairyland」。
やっぱりこの曲…ナマで聞いても微妙でした(爆。

ここで注目すべきはayuさんのお腹ですよ、お腹。
双眼鏡でお腹を見てたんですけどね(絶対怪しい…)、引き締まりすぎ。
ヤバイですよ、あれ。なんなんですか、あの縦の筋は。ウラヤマスィ…

よっちゃんのギターソロのあと、青いパンツ姿、そしてまたまたへそだしという衣装で登場したayu。
曲はロックなナンバー「is this LOVE?」。
この曲、今回はじめてナマで聞いたわけですが、もうね、ヤバイよ。しびれるよ。(死語?
どすの利いた迫力ある歌声。ayuさん…私はあなたのその貫禄に終始やられっぱなしでしたよ。
単独ツアーでも是非是非聞きたい。もう一度その貫禄に酔いしれたい。

このあとは、しっとりと「HANABI」。
ステージがあがり、そこでayuさんが座りながら歌うという感じ。
アコースティックな仕上げリで、ayuの歌声が夜空に響いてました。うん、感動。
やっぱこの曲ってナマで聞いた方が(・∀・)イイ!!

ここで注目すべきはayuさんのお腹ですよ、お腹。
またしても双眼鏡でお腹を見てたんですけどね(もう変態?)、引き締まりすぎ。
というか普通ね、椅子とかに座ったらお肉が目立つじゃないですか。ぽよよーんと。

それがね、ま…ったくなかったんですよ、ayuさんの場合。
もうね、本当に驚いた。ある意味感動。
そのうち、通販番組から健康器具のモデルになってくださいって言われるんじゃないですか?(嘘。

このあとまたまたよっちゃんのギターソロのあと、いよいよayu御輿登場。
いつものアンコール姿で御輿に乗ったayu。曲は「flower garden」。
この曲って、知名度低いようですね…。コンサートの定番曲なのに。

続く曲は「independent」。っていっても、サビだけバージョンでしたが。
というわけで、私はいつもの如くバリバリ踊りましたが、まわりが全然なんですけど(;つД`)
2004年のアリーナツアーのDVDで、振り付け講座がありますよ!>みなさん
お御輿は後ろのほうまでまわって、会場を一周したわけですが、
ステージに近い私の位置からはかなり遠かったです…。

再び、ステージに戻ってきたら締めの曲、「July 1st」。
なんというか、この曲はa-nationの風物詩と化してますね。
「あしたはれたら〜♪」と、会場全体で手を横に振り、最後の盛り上がりをみせました。
そんな中、私はもう限界を通り越し…。最後の力を振り絞ってayuに精一杯手を振りましたとさ。。。

「みんな、ありがとう〜!」とayuが引き上げたと同時に、花火が…。
いや〜、これもa-nationの風物詩ですねぇ。
私はその頃、早く帰りたくて仕方なかったですが(爆。


――――ここでまとめ――――

入場時に配られた、UGAのチラシに載っていたコメントでayuがこんなことを言っていました。
「ツアーでもイベントでもステージに変わりはないから、
いわゆる浜崎あゆみのステージのダイジェストじゃないけど、
そんな感じで凝縮したものをやれたらいいなと思っています。」

―この言葉が全てを物語っているように思います。
a-nationというイベントとはいえ、そこにかける意気込みは単独ツアーの時と変わらないんだと。
こうやって毎年参加していて実感しました。特に去年、今年は。

でも一ついいですか?よっちゃんのギターだけで間を持たすのはどうかと思います…。
いや、別によっちゃんのギターが悪いと言ってるんじゃなくって、
野外ライブ、しかもこういうイベントって考えた場合にです。
アリーナツアーみたく、映像を流したらどうかと思ったり。
それかいっそのこと、衣装は替えなくてもいいと思うんですけどねぇ、個人的には。

まぁね、個人的には他にも色々あるんですけどね…。選曲とか。
それを言い出すとキリがないですしね。…あ、でも「monoc(ry。

そんなワケで、今年も参加したa-nation。
いったいいつまであるのか知りませんが、ayuが出演する限り参加するでしょう。
今度ayuに会えるのはCDL(あったら)。あと4ヶ月…。もう今から楽しみなんですけど。
我らの聖地、代々木が心配ではありますが…。アスベストめ!(# ゚Д゚) ムッキ-


top > ayuレポ > a-nation'05