no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

さえまん的ayuレポ

top > ayuレポ > a-nation2004 SUMMER FESTA

□2004.08.22 a-nation2004 SUMMER FESTA at メガ神戸


行ってきました。a-nationイン神戸。
ayuが出演するっていうことで、今年も参戦。
初めての会場で、どんな所かと思いましたが、芝生があって去年よりいい場所。
駅から遠すぎなのが難点ですが。

立ち位置はBブロック。Cブロックだった去年よりは見やすいかも、という印象。
それでもこの前のツアーファイナルに比べたら、比べ物にならないくらい遠いんですけどね。
って当たり前か。

3時30分ぐらいから、オープニングアクトとして2組登場。
まずはmihimaruGT。なんかこの曲聞いたことあるかも?っていうのがありました。
2組目はザ・ルーズドックスっていうバンド。ワケ分からなかったです、正直。

ここからが本編。まずはdream!
なんか、dreamよりアクトダンサーのほうが目立ってたように感じたのは私だけ?
あと、メンバーが1人減った気がしたんですが。
歌のあとヴィッセル神戸の選手たちが登場したりして、dreamの立場がますますなくなったような。

続いてロードオブメジャー!
去年はオープニングアクトとしての出演が一年経って正式な出演へ。
なんか感慨深いものがありますね。って私は一体誰やねん。
ここらへんから雨が本格的に降り出して…「ま、まさか、ayuが?」なぁ〜んて思ったり(笑)。

そして初めてナマで観る大塚愛!
去年デビューながら、ライブの盛り上げ方が上手いなぁと思いました。
関西出身だからっていうのもあるのかも。
「さくらんぼ」では、不覚にも一緒に歌ってしまったし…まぁいいんですけどね。
この時、振っていた雨が止み出しました。
もしや晴女か、大塚愛って。それともayuが雨女返上?

続いてDAI!
意外に早い登場でビックリ。
この2人のコンビ(?)はホントにいつもイイ味出してます。
ですが、選曲がマイナー曲中心で去年より盛り上がりに欠けたような気が。
やっぱりもっと日が暮れてからの登場がよかったかも。

なんとEXILEはおみこしにのって登場!
AブロックとBブロックの間を通っていったので、かなり近くで観れました。
ayuもこういう登場の仕方して欲しいなぁ、とか思ったり。
そして、盛り上がりもここで最高潮に。
去年に比べるとEXILEファンがかなり増えてたように思います。
あちこちで女性の黄色い声援が飛んでました。
ここ一年の活躍ぶりがファンの数にもライブにも表れているのでしょうか。

そして本日のゲストアーティスト、TMR!
なんか、AブロックはTMファンの盛り上がりが凄かったらしいですが。
a-nationに違う風を吹かせたような、そんなライブでした。
というか、他のavexアーティストを飲み込むくらいのパワーが感じられました。
アーティスト本人にしても、ファンにしても。
個人的に「WHITE BREATH」「HIGH PRESSURE」は良くカラオケで歌ってたので(爆)、ちょっと嬉しかったり。

だんだん暗くなってきたところで、TRF!
やっぱ、TRFの曲は盛り上がりますね。
a-nationに参加しているっていうのを実感させます。
サバイバルダンスなんて特に。小学校の運動会で踊ったことあるし。
あと、なんというか、時代を感じさせます。
盛り上がってる人と、( ゚Д゚)ポカーン…っていう人が居たんで。

ついにELT登場!
もっちー、いつものように壊れてたのは壊れてたんですが、去年にくらべると押さえ気味のような。
「またあした」で終わったからかもしれませんが。
でも、聞かせるところは聞かせて、壊れるところは壊れる。
そんなメリハリのあるライブでした。さすがです。


そして、いよいよですよ、奥さん。ayuの登場ですよ。
登場前に流れてた曲、なぜにジョン・レノン?
まぁそんな事は置いておいて、スクリーンにAマーク登場!

キャ━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!

そしてayuは檻に入って登場。曲は「GAME」!
前髪パッツンでエクステ?のロングヘアを2つにくくった髪型。
この髪型、かなりカワイイです。最近ショートを見慣れてたんで、なんか新鮮。
衣装は全身赤でスパンコール?が付いた衣装。

歌い出しが終わってから檻を椅子で壊すんですが、
この演出、2002年のアリーナ「NEVER EVER」と一緒のような。
周りはかなり驚いてましたが、意外に冷静だった自分。
このあと続いて「INSPIRE」。
新曲2曲、初めてナマで聴いたんですが、イマイチどうノっていいのか分からなかったです。
まぁ魅せる演出って感じでした。

そして、白いドレス衣装で「Moments」。
そのまましっとりと「HANABI」へ。この曲を歌うなんて意外。
時折、ドレスの裾を広げながら歌うayuの姿。今回のayuの中で一番好きな場面でした。
なんといっても歌声がCDより良かった。
特にメロの部分の優しい歌い方、これは2002年の頃にはなかった歌い方だと思います。

続いて、ピンクサンバの衣装に着替えてayu登場!
って、この衣装、スタジアムツアーの時と似てるし。
曲は「Greatful Days」「Boys & Girls」の定番曲。
「Boys & Girls」ではスクリーンに歌詞が出てみんなで大合唱!

その後、ayuは今回のグッズのTシャツと同デザインのチューブトップとホットパンツ、
そして赤い帽子をかぶって再登場。
ここで少しMC。
こうやって毎年、a-nationで夏を楽しめるのは嬉しいとか、そういうことを言っていたような。
記憶が定かではありません…
ついにラストの曲「July 1st」!すでにa-nationの定番となりつつありますね、この曲。
手を左右に振って、歌いまくり。もう暑くてやばかった。
そしてついに終了!なんかあっと言う間でした。ayuの出演時間。
ayuが始まるまで、他のアーティスト出てる時も心のどこかでずっとソワソワしてたんですけどね。

ayuのステージが終わると同時に会場後ろから花火が。
なんか、去年よりかなり豪華な花火だったんですが。
チケット代が上がったのはこのせいなのか?とか思ったし。

そして、退場にもの凄く時間がかかって…なんか一気に現実に引き戻されたような気分でした。


ayuのライブ。単独ライブを凝縮したような豪華さ。明らかに他のアーティストと違いました。
前半は曲ごとに独自の世界観でオーディエンスを魅了、後半は共に盛り上がる。
この流れは単独ライブの流れそのものです。

ただ、普段単独ツアーに参加しているような方たちは楽しめたと思いますが、
今回初めてayuのライブを見た人はどう思ったんやろう?っていうのが気になるところ。
このようなお祭り色の強い野外ライブ・他アーティストのファンも集まるイベントでは、
もう少しオーディエンスとの距離感が近くなるようなライブ構成のほうが向いているのではないでしょうか。
まぁ、そうは言っても野外であれほどの演出をするのはayuらしいと言えばayuらしいんですが。

いろいろ言いましたが個人的にはやっぱり、今年のa-nationのayuのほうが好きです。
やっぱあれでこそ、ayuのライブ!って感じだし。
衣装・髪型は可愛かったし、声もけっこう出てたし。
単に去年の髪型・衣装が好きじゃないっていうのもあるんですが。
DVDを発売するときは完全収録で出して欲しいです。ayuのところだけ(爆)。

だた選曲が…私の希望セットリスト、新曲2曲しか叶わなかったワケですが…_| ̄|○
まぁ仕方のないことですけどね。私の希望セットリスト自体にムリがあるわけで。
でもやっぱ皆で踊る曲がなかったのが残念。「Trauma」踊りたかったなぁ。

4ヶ月ぶりのナマayu。やっぱりライブが一番ですよ。
次のライブはCDLでしょうか?あるとしたら。


top > ayuレポ > a-nation2004 SUMMER FESTA