immature
words:ayumi hamasaki
music:Kazuhito Kikuchi
arrangement:HAL


僕らはそんなにも多くのことなど
望んだりはしていないよ ずっと

灰色のビルの影に隠れて
じっとしてるものは何だろうって
目をこすりながらも のぞき込んだんだ
自分だったりあのコや君だった

孤独で何も見えなくなったんじゃない
もう何も見たくなかったんだ

僕らはきっと幸せになるために
生まれてきたんだって
思う日があってもいいだよね
ほら耳を澄ませば聞こえてくる
内に秘めた祈りに似た叫びが

いつかのあの川で流れてたものは
壊れた夢のかけらだったね

守られなかった約束にいちいち
傷ついてみたりしてたんだ

僕らはいつか幸せになるために
生きて行くんだって
思う日があってもいいんだよね
この瞳に映るものが全て
キレイなわけじゃない事を知っても

目の前の悲劇にさえ対応できずに
遠くの悲劇になど 手が届くはずもなく

僕らはきっと幸せになるために
生まれてきたんだって
思う日があってもいいんだよね
本当は扉を開きたいんだって
口に出して言ってみればいい
口に出して言ってみればいい