no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

さえまん的ayu論

top > ayu論 > 2007年のayuを懐かしむ

□2007年のayuを懐かしむ


早いもので、今年も残すところあと僅かとなりました。
当サイトでの年末恒例(なのか?)となった、この企画。
2007年の浜崎さん、っていうかno ayu , no lifeな私を振り返るこの企画。
では、早速行ってみましょう。


12月31日〜1月1日 「BEST of COUNTDOWN LIVE 2006〜2007 A」に参加
BEST違いという痛恨の(miss)understood!!から始まった2007年。
思えば、今年は波乱の幕開けだったなぁ…。何だかツラい日々でした…。
アジアツアーの発表や、白と黒の発表があったのも、ちょうどこの時期。

私的なことで言えば、卒論締め切りの時期とも重なり、毎日が思い悩む日々。
今年の目標はResetと心に決めていたのに、結局Resetされそうになかったっていうね(爆。
CDL自体については、ayuレポをどうぞ!


2月28日 ベストアルバム「A BEST 2 -BLACK-」「A BEST 2 -WHITE-」発売
そういえば私、この二枚を未だにiTunesに入れていませんが、何か?
今でも私は、このベスト盤の全てに合点が行っているわけではありません。
アルバムにライブDVDをつけるという売り方。しかも、ドキュメントと別々にして。
こればっかりは、何年経っても受け入れられないんだろうな、きっと…。


3月10日〜6月10日 「ASIA TOUR 2007〜Tour of Secret〜」に参加
初の海外単独公演も含んだこのツアー、私は合計6公演に参加。
初日さいたまの頃は、卒業式を目前に控えた大学生だったのに、
福岡ファイナルを迎えた頃には、もう既に社会人。
…そんな大きな変化もあったりして、何とも感慨深いわ。
ステージの感想については、ayuレポをどうぞ!

3月10日・11日 さいたま公演
とりあえず、あの会場の広さにはビックリ。
初日観た時よりも、二日目に観た時のほうが心の中に入り込んできて、
"あ、今回のステージ、スルメかも…"と思ったのでした。
とりあえず、あの足首とあの小走りは欠かせない(謎)。

5月30日・31日 大阪公演
さいたま公演から二ヶ月以上も空いていることもあり、
新鮮な気持ちで臨むことが出来た…と思われる大阪公演。
やっぱり、私の還る場所はココなんだと痛感した城ホール、いや、城ホーム。
あの噴水付近や、あの橋の上で繰り広げられた様々なドラマを、私は忘れません。
そして、来年もまた新たなドラマが生まれることを祈って。城ホーム、万歳!

6月9日・10日 福岡公演
4連番で4人全員サインボールをゲットという奇跡を成し遂げたファイナル。
…ま、正確に言えば、私はゲットしてもらったんですが、何か?
あの時の私たちの姿を映像化したら、相当面白い仕上がりになること間違いなし。
アジアツアーDVDのスペシャル映像に収録してくれてもいいですよ?(やめなさい)


7月13日 突如として、爆撃が落とされる
13日の金曜日、あのことをはじめて知った瞬間を、今でもはっきりと覚えています。
全く持って覚えていたくないのに、はっきりと覚えています。
ま、それ以上は触れないでおきますよコノヤロウ!


7月18日 シングル「glitter/fated」発売
そういえば私、ナマを含め、現時点で「glitter」を数える程しか聴いてませんが、何か?
その一方で、「fated」は好き過ぎて、聴く度に顔がニヤけます(爆。
この頃の当サイトでは、"a-nationでmonochromeを!!"と、しつこいくらいに言ってたっけ…。


8月18日・19日 a-nation'07神戸公演に参加
そして、私の願いがあの人に伝わったのでした。繋がったと信じた瞬間でした。
野外で聴きたくて仕方がなかった あの「monochrome」を味わえたんですから…。
しかも、「fated」との最強の流れの中で味わえたんですから…。

惜しむらくは、a-nationのDVDの収録曲が相変わらずの中途半端っぷりだったこと。
あれを完全収録にしないなんて、何考えてんだかavex!(イッテシマッタ!!)
あ、っていうか私、まだこのDVD買ってなかったわ(ぇ?
ステージの感想は、ayuレポをどうぞ!


9月16日 ラジオ公開収録@リバープレイスに参加
ホームなメンバーとはじめて出逢ったあの場所で再び浜崎さんを拝めるなんて…。
はじまる前は、複雑な想いこそ抱えていましたが、終わってみれば楽しいことばかり。
とりあえず、収録中の私はライブ中よりもはしゃいでましたから。汗かいてましたから。
私たちのCrazyな姿は、浜崎さんの目にもきっと届いていたはず…。
オンエアでは残念ながら収録されなかったあの言葉、今でも耳から離れません。


9月19日 シングル「talkin' 2 myself」発売
そんな公開収録の直後に発売されただけあって、この頃の私は俄然テンション高かったなぁ。
もっとも、シングル収録の2曲の完成度が高かったことも要因ですが。


12月5日 デジタルシングル「Together When...」発売
配信限定での発売となったこの曲。
でもこれって、なんか中途半端に終わった感がありますね、市場的に。
歌詞云々はとりあえず置いておいて、メロディ構成はけっこう好きです。
そして何より、この曲でのステージには外れがないかと。


そして…
12月30日・31日 「COUNTDOWN LIVE 2007-2008 Anniversary」に参加。
"10周年イヤー"の幕開けを華々しく飾ると思われる、今回のCDL。
前回のBEST違いという教訓を生かして(爆)、
今回はあまり色んな期待や妄想を抱かないようにしてきました。
さて、どんなステージになっているのやら…。


以上、2007年の浜崎さんと私を大雑把ではありますが、振り返ってみました。

2007年をこうして振り返ってみて改めて思ったのが、
去年以上にホームメンバー+αな方々との思い出が絶えないなぁ、ということ。
内輪ネタすぎてここでは書けないようなこともたくさん。
カツ丼事件から始まり、つつじにドボン、ふすまに直撃、ごーめんたむ、むりーあんどいーじー…。
思えば、ホームなる言葉が誕生したのも、2007年を迎えたあの日のことでした(謎)。

浜崎さんに対する愛情がさらにキモく、さらに歪んでしまったのも、あなたたちに出会えたから。
これからも宜しくお願いしますね、ふえーん!

と同時に、サイトなどを通じて色んな方とお会いできたのも、今年のこと。
浜崎あゆみという存在を通しての様々な繋がりに感謝です。

そして、来るべき2008年、アニバーサリーイヤー。
2007年の目標として掲げていたResetは達成されたのか、相当怪しいところですが、
来年こそ、10周年イヤーこそ、Resetしてやるわ!(…おそらく達成されない可能性大;;)

(2007.12.29up)



top > ayu論 > 2007年のayuを懐かしむ