no ayu , no life -ayumi hamasaki unofficial fan site-

あの日 あの頃 2008年3月

top > log >2008年3月


3月26日(水)
気がつけば、ツアー開始まで、あと10日らしいですよ!

楽しみ半分、不安半分っていうのが正直な心境ですが、
ここらへんで、今年のツアーの参戦予定を晒してみる。
トップページのライブスケジュールをコピペしつつ、晒してみる。
「ちょっと正気ですか、大丈夫ですか?」という突っ込みはなしで(爆)。


2008.04.05(土)  国立代々木競技場第一体育館
2008.04.06(日)  国立代々木競技場第一体育館
2008.04.08(火)  国立代々木競技場第一体育館
2008.04.19(土)  静岡エコパアリーナ
2008.04.20(日)  静岡エコパアリーナ
2008.04.26(土)  サンドーム福井
2008.04.27(日)  サンドーム福井
2008.05.05(月)  日本ガイシホール
2008.05.06(火)  日本ガイシホール
2008.05.17(土)  神戸ワールド記念ホール
2008.05.24(土)  大阪城ホール
2008.05.25(日)  大阪城ホール
2008.06.21(土)  大阪城ホール
2008.06.22(日)  大阪城ホール
2008.06.28(土)  国立代々木競技場第一体育館
2008.06.29(日)  国立代々木競技場第一体育館


…以上、現時点では計16公演に参加予定です(爆)。
行きたい場所、行ける日にちを選んでいったら、
いつのまにか16公演にまで増えてシマッタ!ヤッテシマッタ!

今までの最高はミスアンツアーの計8公演参加だったので、
今回はそれを軽く上回ってシマッタ!倍に増えてシマッタ!

だって、浜崎さんのツアーって、有り難いことに、土日公演が多いんですもん。
だって、福井とか静岡とか名古屋とか、思いの外、行きやすそうなんですもん。

だって、浜崎さんに会いたいんですもん!

…とは言え、こうして並べてみると、やっぱり気持ち悪いですね;;


チケットのほうも、幸いなことに殆ど確保出来ました。
一人じゃ出来ないことも、みんなで挑めばどうにかなるって思いました。
が、自分は あまり役に立ってなかったりするんですけどね(汗)。

でもって、このチケット戦線には数々のミラークルがあったんですが、
その中でも最大で最強なものと言えば、静岡と福井でしょう。

だって、だって…、
静岡、福井と2週連続で…、


これ以上ないくらいにネ申席なんです!

だたでさえ、ものっっっっっっっそい良席なのに、それが2週連続で続くなんて。
これを知った時は、嬉しさ通り越して、若干気持ち悪かったです(爆)。


こうして晒しておいてアレなんですけど、たまにふと冷静に思うんですよ。
「自分、何でこんなに行くの?何度行っても一緒やん」っていう、
もう一人の自分の囁きが聞えるんです。ふと我にかえってしまうんです。
こういう冷めてしまう瞬間って、ライブ観ている最中にでもあるんですよね…。

が、やっぱりやめられないんですよ。これが私の性分。そこに理由なんてない。
あるとしたら、その瞬間でしか味わえないステージを味わいたいだけ。
そう、浜崎あゆみはナマでこそ生きる人物なのだ!そう信じているのだ!

ですが、不安はないかって言われたら、嘘になりますけどね、やっぱり;;
…そんな矛盾を抱えながら、ツアーのある毎日を生きていこうと思います。
そう、ツアーのある毎日こそ、私の日常生活なのだ!もはやライフワーク?(爆)

…ところで、このツアーの正式タイトルは、結局何になるんですか?(・∀・)


3月25日(火)
そういえば、今日はリミックスアルバムの入荷日でしたね。

朝、家を出る時までは覚えていたんですけど、
仕事終わった後は、その事をすっかり忘れていたみたいで、
普通に直帰してしまいました。ヤッテシマッタ!!

…でも、こうやって忘れてしまったってことは、自分の中でこの作品は、
おそらくそんなに重要視されていなかったんでしょ、きっと(←他人事?)。

ツアー始まってから、どこかの会場で買えればいいかなぁ、ぐらいに思ってたんですが、
ポストカードが貰えたとか、特殊なパッケージだったとかいう話を聞くと、
早いこと購入しておくべきなのかなぁ…と思い始めてきた私。

実は言うと、来週も再来週も欲しいアルバムがあるんですよ、浜崎さん以外で。
もちろん、再来週の4月8日には浜崎さんのシングルもあるし。
っていうか、4月からはツアーとかツアーとかツアーで出費が増えるし。

あー、どうしようかなー、迷うところやなぁー。2枚買って5000円か…。
…と、ここで悩んでも仕方ないので、この話題はここまでにして。


そういえば、昨日の深夜、CDTVの特番が放送されましたね!

…って、関西では放送されていませんからorz
あー、もうホントに腹立たしいわ。毎○放送のヴァカヤロウ!ヽ(`Д´)ノ

でも、こうして聴かずにいるのもなかなかいいもんですね。
ほら、だって私、Mだから(ぇ?。

じゃなくって、このままHEY!HEY!HEY!SPも華麗にスルーしたら、
「Mirrorcle World」を初めて聴くのは、代々木にて!っていうことになりそう。
…もちろん、ツアーで披露されること前提で話してますけど?


にしても、このシングル、宣伝やら何やらが少なくないですか?
まぁ、そんなの今に始まったことじゃないけど、今回は少なすぎじゃないですか?

こういう部分に今更期待するべきではないことは分かっているけど、だけど…、
やっぱり何かと悶々とした想いを抱いてしまう私でごめんないね!(汗)


3月23日(日)
この休みのあいだに、ツアーDVDをちょこちょこと鑑賞しました。

うん、この"ちょこちょこ"ってところが密かなポイントだったりします。
何ていうか、今回のDVDって、いつもみたくがっつり鑑賞出来ないんですよね…。
やっぱりそれは、ライブ映像が途切れ途切れになっちゃうからでしょうか。

そんな中、今日はこの点についてつらつら書いちゃおうかと。
そう、アングルに関してです。

なんかねー、今回のDVDねー、
アングルで萎えちゃう場面がいくつかあったんですよ。

ちょ!肝心なところで肝心なものが映ってないよ!どういうことよ!
なんて突っ込みを入れたくなる場面がいくつかあったんですよ。

その例をほんのちょっとだけ挙げるとするならば…、
「part of Me」、1番終わった後の間奏部分での浜崎さんの表情。
「M」、2番サビで見せる足首。あれは是非とも真正面から映して欲しかった…。

この二つは特に残念でしたね。ものっそいツボッターでしたから。
どれだけツボッターだったかは、レポをご覧いただけば、お分かりになるかと(笑)。

今回のはいつにも増して、ダンサーさんがたくさん映っていますよね。
SYU-YA、映りすぎじゃ?っていう気がしないでもないですが、
これはこれでありなんじゃないかって思います。
浜崎さんだけがステージを創っているわけではないですしね。

事実、DVDを観て改めて、ダンサーの女優魂に感銘を受けることが多いです。
今回は特に、SUBARUの険しい顔にニヤリとしちゃいました(爆)。
あと、「M」の時のAKIちゃんがキャワいくてどうしよう!(ぇ。

…が、肝心なシーンで浜崎さんが映っていなくって、
萎えちゃったのもまた正直なところ;;

ま、結局、何が言いたいかっていうと…、

誰もが満足する編集方法なんてないんですよ(イッテシマッタ!!)。

だから、せっかくのDVDなんですから、マルチアングルを採用して、
色んなアングルから楽しめる仕様にして欲しいなぁ、と切に思いました。
アップアングル、バストアップアングル、足首アングル、手の動きアングル…というように。
(…え、そんなアングル、別にどうでもいいって?)
これ、発売前にも書いた記憶がありますが、今回、切に実感しました。

今となっては伝説となった(のか?)、「M」で魅せるあの小走りなんか、
色んな角度から収録すればいいんじゃないかと思います。想像しただけでヤバイわ!

…うん、次回のツアーDVDは、マルチアングル採用でお願いします!
ドキュメンタリーは要りません、マルチアングル採用でお願いします!

アングル云々に関しては、某ホームメンバーのブログにて、
今日から数回に渡って熱く語られるようなので、必見ですよ(爆)。


さて、本日の更新です。
「「A BEST 2 -WHITE-」で、一番好きなPVは?」のレビューをupしました。
一ヶ月ぐらい前に黒のレビューのみupしていましたが、
今日やっと白のほうもup出来ました。これにて完了です!

このレビューが浜崎さんのPVたちをもう一度味わい直すきっかけになれば…
と思います。現に私がそうでしたので。

さて、アンケートと言えば、現在実施中のこちらも宜しくお願いします!
現時点で既に過去最高の投票数となっていますが(ありがとうございます!)、
まだ投票していない!コメントしていない!って方は、是非とも投票しちゃってくださいね。
こちらは、3月28日までとなっております。


3月22日(土)
今月の残業代だけで、チケット何公演分ぐらいになるんだろ?
とかいう計算をしないとやってられない今日この頃(この書き出しは二度目)、
みなさん、どうもお久しぶりでございます。

ここ最近の私はいうと、いつものようにパソコンつけるまではいいものの、
睡魔に襲われてしまい、サイトを更新出来ないまま、眠りにつく…
という毎日を送っておりました。何の面白みもありませんが何か?

そんな中でも、デジデジ日記を立ち読みすることだけは忘れません。
もはや、これは月に一度の習慣。決して欠かすことの出来ない習慣。

それに、今月号は浜崎さんが表紙を飾っていたんですよね。
あの表紙、髪型やメイクが一昔前の浜崎さんっぽい気が。
最近はずっとショートだったから余計にそう感じたのかも。
っていうか、一体今の実際の髪型はどれくらいなの?

中の特集では、デビュー10周年を記念して、
これまでに着た衣装のいくつかをもう一度身にまとって登場。
(思えば、表紙の衣装も「STEP you」発売当時に着ていたような)

その中でも、特に印象深かったのが豹柄の衣装。
そう、初のツアー・第一幕で着ていたあの豹柄の衣装です。
確か、終盤あたりで「too late」とかを歌っていた時の衣装だと思われ。

第一幕が行われた当時の彼女、21歳。
それからいくつもの季節が流れ、現在の彼女、2X歳(爆)。

…何だか感慨深いものがありますな。
って、私が感慨にふけってどうするって話ですか、そうですか。
同じ衣装を身にまとっているのに、受ける印象が全く違うから不思議。
まーわるーまーわるよ、時代はまわるー♪

第一幕の当時は、ショートのウイッグをつけていたんですよね。
あの髪型、ものっそい好きなんですよ…。そして彼女も若かった…。

こんなこと書いていたら、第一幕のDVDが観たくなってきた!
第一幕と言えば、「And Then」から「immature」までの流れが最強!(唐突)


さて、デジデジ日記のほうには、パリで行われた「Mirrorcle World」の
PV撮影の模様が掲載されていました。

ネタバレ嫌いなんで、あまり把握していないんですけど、
このビデオって、もう公開されているんでしたっけ?

とりあえず、某デジカメのCMのように、
わざわざヨーロッパまで行く意味はあったの?なんていう突っ込みを
しないで済む、素敵な作品に仕上がっていることを期待します(爆)。


っていうか、あと3週間足らずでシングル発売ですって!
っていうか、あと2週間でツアーが始まるんですって!

全然そんな気がしない自分に、若干の焦りを感じます…。
とか言いつつも、直前になったら、顔はニヤけてくるんでしょうけど!


3月17日(月)
昨日は、突然の お誘いを受け、某ホームメンバーA氏と会うことに。
口や喉がカラッカラになるくらいに、喋り倒しました。

あんなに長時間喋ったの、本気で久しぶりかも…。
だってね、最近喋るといったら、仕事中に電話口で喋るくらいなんですもん。
あー、なんて寂しい人生なんでしょ!きゃは!

もちろん、昨日の話題は必然的に浜崎さん中心で。
もちろん、その中でも話題は必然的にツアーDVD中心になって。
あーだこーだと偉そうにぐたぐた言いながらも、もういっそのこと罵りながらも、
結局はあの人のことが好きなんですよ。あー悔しいわ!(爆)


そんな昨日、噂の浜崎さんはCDTVの特番の収録に参加されていた模様。
新曲「Mirrorcle World」を初披露したとか、どうとか。

まず言いたいのはあれですよ、この記事ですよ。
"1月4日に突発性難聴のため左耳の聴覚をほぼ失っていることを告白した歌手"
という書き出しは正直どうなの?
なんていう突っ込みをマスコミにするほうが間違ってますか、そうですか。
これから彼女の報道がある度に、こういった表現が使われるのかな…。

っていうか、そんなことよりもあれですよ!

この特番、関西地方では放送されないんですって!

もうね、こっちのほうが大問題ですよ、大問題過ぎますよ。
こんな番組を放送せずに一体何を放送するんだって話ですよ。

赤坂ブリッツという小さな箱での浜崎さんのライブなんて、レアなのに…、それなのに…、
放送しないなんてバカヤロウあwせdrふゅじおlp@;ヽ(`Д´)ノ
いや、むしろあれだ、あの場所でナマで観たかった!!

以上、「Mirrorcle World」って、真っ赤なお姫様ドレスで歌うような曲なのか?
という小さな疑問を抱きつつ、終了させていただきますよっと。


3月15日(土)
あー、武道館行きたかったなぁー!めちゃくちゃ行きたかったなぁー!

バンプにアジカンにKREVA、秦さんにチャットモンチーにYUIさんに、NAMIEさんまで!
この出演陣はヤバイだろコノヤロウ!あー、行きたかったなー!


さて、ここ最近は仕事が忙しくて、夢の中でも仕事をしていたという…
悪くーないかもねーこんな毎日♪

…って、こんな毎日が悪くないわけないでしょコノヤロウ!


と、なんだかおかしなテンションで登場してみましたよ、どうもこんばんは。
公式サイトでは、『Mirrorcle World』のジャケ写が公開されている模様。

勝手に思い描いていたのはもっとクールでハードなイメージだったので、
ちょっと拍子抜けしちゃいました。 何故にバタフライなんでしょうね。

このジャケ写を観た時、一番に思ったこと。
「うわ…、これは買いに行くのが恥ずかしいかも…」

縦長スリーブって、12cmシングルを2つ縦に並べた大きさですよね、おそらく。
そんなデカいジャケット、ただでさえ買うのが恥ずかしいのに、この写真と来たもんだ。
この浜崎さんが店頭にドーンと並んでいるのを想像するだけでも、
なんだか恥ずかしいと思ってしまう私で、ごめんなさいね。

でもこれは決して、このジャケ写がキライってわけではありません。
むしろ、良く出来たグッジョブなジャケ写じゃないかと、偉そうに言ってみる。
恥ずかしく感じてしまうのもきっと、浜崎さんが美しいからなんですよ。
ただ、一歩間違えれば、こういう表紙、ギャル系の雑誌にありそうですけどね(爆)。


でもって、ツアーDVD、今日やっと観ました。
とりあえず、ドキュメンタリー抜きでライブ本編のみ観て、
その後、ドキュメンタリー部分のみを観るという流れで鑑賞。

ホントのところ、当分のあいだはドキュメンタリー部分を
観ないでおこうと思っていたのですが、何故か観てしまった;;

その感想としては、色々言いたいことはありますけども。
まぁ、これから色々しつこく書いていきますけども。

(以下、感想が続きます)





一言残すとするならば…、
「どうしてこんなドキュメンタリーを届けようとしたのだろう?」
という疑問が、観る前も観た後も私の胸から消えません。
むしろ、観終わった後、この疑問がさらに大きくなりました。

ああいう部分を敢えて見せることによって、
何を感じて欲しいのだろう。何を知って欲しいのだろう。何を伝えたいのだろう。
知ってはいけない部分まで知ってしまったような感覚。
観てはいけない部分まで観てしまったような感覚。
知らずにいたほうが、観ずにいたほうが良かったんじゃないか…。

そんなわけで、このDVDを観終わった後の私は、ものっそい疲れていましたとさ。

とにかくあれだ、ツアーDVDとしては残念すぎる!無念すぎる!
このツアーのステージパフォーマンス自体は、凄く好きだったからからこそ、余計に!
一つの流れで味わってこそのステージなのに…、それなのに…。
そこは当の浜崎さんが一番よく解っていると思うのに、そう信じているのに…。

にも関わらず、敢えてこの編集方法にしたその理由は何?
最後にもう一度問おう。

「どうしてこんなドキュメンタリーを届けようとしたのだろう?」


…一言残すと言っておきながら、結局はうだうだ書いてシマッタ!!


3月12日(水)
色んなサイトやブログなどを拝見する限り、
DVDを早くもご覧になった方の熱い感想が続々とupされているようですねぇ。

あー、早く観たいな早く観たいな早く観たいな早く観たい早(ry。
何だかもう、観たい想いが強すぎて、逆にこのまま観ないでおこうか?
という気さえ起きてくるこの状況、どんだけ?(爆)
…こうしている暇があったら、観たらいいのに、って感じですね、そうですね。
あ、ちなみに私が早く観たいのは、ライブ本編です(もうしつこいですか?)。

さて、そんな中、4月8日に発売されるシングルのジャケ写が、
浜崎さん初の手ブラショットだとか、どうとか。

…何だかそう言われても、別にそれほど驚かない自分がいます。
昔は、『LOVEappears』のような例もあったりしましたしね。

先ほどの記事によると、「Mirrorcle world」のミュージックビデオの撮影は、
男子禁制の厳戒態勢のもとで行われたそうで。
だったら、私をスタッフとして呼んでくれたらよかったのに(やめなさい)。

一体どんなビデオに仕上がっているんでしょ?
パリという地と浜崎あゆみの素敵なコラボレーション、楽しみにしております。

とりあえず、あれだ、約20キロものドレスを着て走り回るって、
肝っ玉母さんもビックリの肝っ玉っぷりですね!(ぇ。


…で、このジャケ写やビデオの模様が、ズームインなどで放送されたとか。
そ、そんなのチェックしているわけないですよコノヤロウ!
朝はいつも めざましテレビって決めているんですよコノヤロウ!

それにしても、もうあと一ヶ月弱でシングル発売か…。
シングルが発売される頃には、ツアーも始まっているのか…。
…うわ!時が経つのが早くて、何だか無性に焦ってくるわ!どうしよう!


3月11日(火)
今月の残業代だけで、チケット何公演分ぐらいになるんだろ?
とかいう計算をしないとやってられない今日この頃、
案の定、仕事終わるのが遅くなってしまいましたが、
某タワレコまで しっかりと迎えに行きましたよ!


…浜崎さんに、NAMIEさんに、HEROを。



この組み合わせ、最強。


公開初日に観に行った『HERO』、DVDを買うかどうか迷ってましたが、
実物観たら欲しくなったっていうね。費用は おかんと半分ずつということで。
スペシャルという言葉に弱い私は、スペシャルエディションを購入!

でねー、NAMIEさんのシングルCDはねー、
実物を手にとってみたら、またさらに惚れ惚れとしちゃいましたよ。
何なの、このオサレで素敵なジャケ写に帯部分。ハイセンス!!(・∀・)
もうこのまま封を切らずに置いておきたい勢いです(ぇ?)。


一方、浜崎さんのDVDは先ほど封を切らせていただきました。
それはそれは慎重に封を切らせていただきました。

最近、色んなアーティストのライブDVDを買っていて気づいたことなんですが、
DVDに歌詞カードを付けてくるのって、浜崎さんぐらいなんですよね。
自分の中では、歌詞カードがついてくるのが当たり前だったんですが、
どっちかというと、DVDにはついてこないほうが当たり前なんでしょうかね?

…個人的には、やっぱり付けておいて欲しいなぁ、と。
そういう点で、浜崎さんのDVDは常にグッジョブだわ!と、偉そうに言ってみる(爆)。


さて、このDVD、土曜に予定している初鑑賞の際には、
部屋を真っ暗にして、カーテン閉めて、ケータイの電源切って、
臨場感たっぷりに気合入れて味わうとします(`・ω・´)

…もちろん、ライブ本編のみで(爆)。


それまでのあいだ、期末に向けての繁忙期を何とか乗り過ごすのだ!
こうして待ち焦がれている時間が好きだったりする、そんな私はMですか?(爆)


3月10日(月)
さてさて、明日はいよいよアジアツアーDVDのフラゲ日!
仕事が早く終わるか微妙なところですが、しっかり迎えに行かないと。

…と、ここで発売前に、もうちょっと書かせてください。
何も観てやいないのに とやかく言うのは可笑しいこと、百も承知ですが、
やっぱり言わずにはいられないので、書かせてください。


『A BEST 2』発売当時、本編とドキュメンタリーを分けて売るという
商法は許せないにしても、ドキュメンタリー映像が作られること自体は、
当時の私にとって、それほど疑問ではなかったんです。

むしろ、普段見れない姿が見れるってことで、ちょっと嬉しかったぐらいで。
観た直後も、それはそれで深い感銘を受けていた…と思います。

が、その後時間が経つにつれて、ふつふつと湧き上がってきたんですよ。
「どうしてこんなドキュメンタリーを届けようとしたのだろう?」という疑問が。

それまでの過程を経た上での完成形である、ステージ上のパフォーマンスを
味わうだけでもう精一杯なのにな、もう十分なのにな。
そこにドキュメンタリーとか見せつけられたりしたら、正直しんどいし、重い…。
というか、私たちがウラの姿を知る必要はあるのでしょうか?

…そんな中、今回のDVDにもドキュメンタリーが付くということで、
先ほど挙げた疑問が「一体何故?」と、またさらに大きくなったんですよ。
特別に一度だけ付けるならまだしも、どうして今回もなんだろう、と。


まぁ色々ごたごた言ってますが、ライブ映像自体は ものっそい楽しみです。
あんなシーンとか、こんなシーンとか、要は全部が ものっそい楽しみです(爆)。

が、DVDを観るのは、週末までのお預け…。
それまでは、ネタバレたちに遭遇しないように気をつけないと;;

にしても、NAMIEさんのツアーDVDがまだ十分に味わえていないうちに
浜崎さんのDVDが発売されちゃうなんて、ある種のイジメですね!(ぇ。


3月9日(日)

「浜崎さんは神です!私の宇宙なんです!気持ち悪いと思わないでください」

…いきなりですが、しょこたんのセリフをマネてみましたよ、どうもこんばんは。
こ、こんな私を気持ち悪いとか思わないでくださいね(爆)。

いやぁ、それにしても、豪華なプリクラですよね!奇跡の4ショット!
ちなみにこのHEY!HEY!HEY!は明日放送されます。楽しみ。


さて、今日は先日書いた【浜崎さんとCMとタイアップソング】の続きでも。

ああやって、浜崎さんが出演してきたCMを振り返ってみて思ったんですが、
楽曲とCMとの相性っていう点で考えると、
昔のほうが素晴らしかった…と言わざるを得ないですね。

浜崎さんって、他の大物歌手たちに比べると、
タイアップに恵まれていないだとかいう話がよく上がりますよね。
まぁ確かにそれもそうですけど、それより気になっているのが、
最近のCMって、タイアップソングとの相乗効果が生まれにくいものばかりだなぁ、と。
ほら、panasonicとか、panasonicとか、panasonicとか(爆)。

やっぱりこれって、浜崎あゆみは何をしても浜崎あゆみだからなのかな…。
良くも悪くも、浜崎あゆみのイメージが強く過ぎるからなのかな…。
って、そう感じるのは、聴く側の私が彼女のファンだからなんだろうな、きっと。

その一方では、所属事務所であるスターダスト絡みのタイアップが
しつこいほどにずっと続いているYUIさんだって、居るわけで。
あれはあれでちょっと辟易…。あれはあれでちょっと問題…。

結局あれだ、ないものねだりをいつまで続けていくんだろう?ですよ。

…と思いつつも、いつかは素敵な相乗効果を生むような
タイアップが浜崎さんに来ればいいのにな…という僅かな希望も抱いちゃう私、イッツ矛盾!


ところで、トップページのリリース情報の欄を更新して改めて思ったんですが、
この年度末から来年度に向けて、浜崎さん怒涛の発売が続きますね;;
っていうかさー、浜崎さんってさー、ホントにお金がかかる子なんですね♪

それとあわせて、下のCheck!欄も更新。
金と銀のジャケ写、二つ並んだ状態で拝むと、さらに怖さは倍増!逃げてー!


3月8日(土)
今日、3月8日は、チケット戦線で一番の強敵と言われていた
5月の大阪公演の一般発売日でした。

TA先行で一枚を当たらないという思わぬ悲劇から始まった、
この大阪公演チケット戦線に、今日、一つの終止符が打たれた。


そう、必要枚数分、無事に確保出来たのです!うはっ!

…って、確保したのは私ではないんですけどね;;
私なんて、何にも出来なったバカヤロウなんですけどね;;
二度寝とかしちゃって、目が覚めてみたら10時過ぎてたというね..._| ̄|○

というわけで、この厳しい戦いで栄光を掴みとってくれた、
そこのあなたに、そこのあなたに、そこのあなた!
ホントにありがとう!そしてお疲れ様!

ミラークルが続発中の、ツアーチケット云々に関しては、
またそのうちつらつらと書こうかと思います。


そんな中、昨日の夜に公式サイトにまた新たな更新が。

26日に発売されるリミックスアルバムのジャケ写がupされておりました。

ひゃあああああ、こわいよー、浜崎さんがこわいよー!!
みなさん、逃げてー、よい子のみんなは逃げてー!!

…あれを観た瞬間、「あれ?来るサイト間違えた?」とか思って、
一旦トップページへと戻って、確かめたぐらいですから。

結果、そこは間違いなく浜崎あゆみのサイトだった。
結果、ジャケ写に映る人物は間違いなく浜崎あゆみ…だった?(何故か疑問系)

というか、この更新で改めて気づかされたんですけど、
今月ってリミックスアルバムも発売されるんですね、そういえば(ぇ?)。
来週発売のツアーDVDの存在がデカ過ぎて、忘れかけていたわ!

さて、どうしようかな…、リミックスアルバムの購入は、とりあえずはスルーかな。
だってさー、浜崎さんってさー、ホントにお金がかかる子なんだもん♪

ところで、リミックスアルバムのジャケ写だったら、
「ayu-mi-x ||」がダントツで一番好きですね、間違いない。
…って、4つのうち、一つしか持ってないですけど、しかも中古ですけど(爆)。


3月5日(水)
【浜崎さんとCMとタイアップソング】

新曲「Mirrorcle World」が、LUMIXの新CMに合っているのか疑わしい今日この頃。
と、ここでいきなりですが、浜崎さんがこれまで出演されたCMたちと
そこで使われていた楽曲たちを自己満足全開で(爆)、
振り返ってみようかと思います。


まずは、浜崎さんとは2001年あたりからの付き合いとなるpanasonic
最近でこそ、楽曲とCMが結びついているのか疑わしく、
CMの内容自体もマンネリズムが続いていますが、
最初のほうはなかなかイイのが多かったイメージ。
D-snapでの「Real me」とか、コンポでの「Free & Easy」とか。

LUMIXなんて、薄さとか手ぶれとかをやたら推すようになってから、
可笑しくなったんじゃ?(イッテシマッタ!!)

続いては、今となっては懐かしいVISEE
これはやっぱり、人魚ayuと「vogue "Kirari Natsu Ayu Mix"」、
ドーリーメイクと「Naturally "dolly remix"」でしょ、間違いない。

キラリ夏ayuが好きすぎて、オークションでポスターを入手したぐらいですから。
あー、それにしても、浜崎さんが若いわー。


あと、ちょっとマイナーなところでいけば、「Duty」が使われていた たかの由梨とか。
泥をかぶった浜崎さんが、白肌を手に入れる…みたいなCM。
白肌好きの私としては、"恋する白肌"というキャッチコピーそのままの、
浜崎さんの白い肌が拝めるCMなので、ポイント高し。
あー、それにしても、浜崎さんが若いわー。

もひとつマイナーなのを挙げるとすれば、「Fly high」が使われていたLYCOS
「ト・リ・ケ・ラ・ト・プ・ス 探して、LYCOS♪」とかいうやつです。
あー、それにしても、浜崎さんが若(ry。


そして、CMと楽曲の素晴らしいコラボレーションが拝めるものの代表格といえば、
tu-kaでの一連のCMでしょう。 うわ、tu-kaとか懐かしい!

雨に打たれる浜崎さんが登場するドラマ仕立ての
"音楽があってよかった"の「HANABI」も好きですけど、
やっぱり一番は何と言っても、「Far away」が使われていた時のCMですよ!
サイバードルに化した浜崎さんが登場するCMですよ!

"新しく 私らしく あなたらしく..."というフレーズと、
ネットで世界と繋がるというような、ケータイが当時担っていた新しい可能性
が見事に合致したCM。もうね、これ観ると未だに軽く身震いを起こします。
大学での卒論の題材を、ケータイCMにしかけたことがあるのも、きっとこのCMのせい。
あー、「Far away」は、何をやらしても素晴らしいわー(結局そこ)。


桃の天然水での「immature」も、強い印象が残っているCMのひとつ。
"世の中は 桃とりんごで出来ている…よね?"ってやつです。そんなはずはない。
まだファンになってなかった当時、このCMがやたらと気になっていた記憶があります。
あー、それにしても、浜崎さんが(ry。


まぁ、色々と挙げていきましたけど、他にも色々と挙げられますけど、
数ある浜崎さん出演CMの中で一番好きなのは…、
ミスタードーナツのCMだったりする。
特に"追憶編"とか映画のワンシーンを観ているかのよう。

…って、ミスドのCMには浜崎さんの楽曲は使われていないんだった!(爆)


いやぁ、何だか今日は調子乗って書き過ぎちゃいましたね;;
が、しかし、これにはまだ続きがあるんで、また後日!(まだあるの?)
ところで、皆さんの好きな、あるいは印象に残っている浜崎さん出演CMは何ですか?


3月3日(月)
ツアーチケットのことでニヤニヤしっぱなしだった今日。
お昼休み中、ケータイでメール見てたら同期のコから、
「何ニヤニヤしてるの?」と突っ込まれた今日。
そんな気分とは裏腹に、公式サイトにはまたもや激萎えな情報が…。


4月8日(火)発売 NEW SINGLE「Mirrorcle World」

うん、記念すべき日に発売されるなんて、これは素直に喜ぶとしよう。
が、問題はその次の行だった…。
ついに浜崎さんが、ヤッテシマッタ...._| ̄|○


浜崎あゆみデビュー10周年記念SINGLE4形態で発売!

…( ゚Д゚)ハァ? よよよよよよ4形態?

もうね、ふざけてるのかと、ナメてるのかと、正気なのかと。
これを観た瞬間、思わず言葉をなくしてしまった私がいました。
その下の計4形態の説明部分なんて、観る気も失せてしまったわ…。
要は、収録曲違いに加えて、CDのみかDVDつきで計4種類あるんですよね?

出たよこれ、ついに出たよ、収録曲違い商法出たよ…。
何でこんなことするかなー、素直に1枚に収めたらいいものを…。

こういうことをやることによって、一時的にはセールスに効果が見られるのかも知れない。
だけど、長期的に見れば、自分の首を絞めているんじゃ…って思うんですけど?
…まぁ、これは今回の浜崎さんだけに限ったことじゃないですが。

同じ複数形態リリースでも、「A」「A+B」「A+B+C」という違いだったら、
まだ許せると思うんです。「A+B+C」を選んだら、全てのコンテンツが手に入るから。
一方、今回のような「A+B」「C+B」っていう違いは、タチ悪いなぁ、と。
こんなことするのは「BLUE BIRD」の時だけで十分だったのに…。
(いや、ある意味では『A BEST 2』もこういった売り方だったと言えるかな;;)

『GUILTY』のリリース形態からして、最近の浜崎さんは他のavex歌手と比べて、
まだ正当な売り方しているほうだなぁ…、って思っていた矢先の出来事。

あー、10周年だというのに、萎えることをしでかしてくれますねー。
やっぱりこれぞ、avexクオリティなのかー、素晴らしすぎるわー。

新曲が発売されるなんて、ホントはもっと喜ぶべきことなのにな…。
これほどまでに冷めてしまったのも、今までなかったわ;;
とは言え、楽曲自体には期待を寄せておりますよ。


あ、しょぼいタイアップ云々はもうどーでもいいです。
どーでもいいことはないけど、どーでもいいことにしておきます(どっちやねん)。
今の浜崎あゆみにタイアップ云々を期待すること自体が間違っているんですよ、きっと。

…そういや、以前ここで言っていた、
浜崎さんとCMとタイアップソングについてまだ書いてなかった!


ツアーチケットでテンション上がりすぎて気持ち悪くなってみたり、
ここ最近のリリース情報で、2回連続萎えてみたり…。
ホントに自分、忙しい人ですね、なんかもう疲れたわ!(爆)
だけど、結局いつでもあの人なんですよ、これからもきっと…。


3月2日(日)

とりあえず、今年は福井も熱いです(謎)。

ここ数日のあいだ、私の周りでミラークルなことばかりが起こっているので、
驚きを通り越して、若干気持ち悪くなっています。
いや、若干というより、相当気持ち悪いことになっています。

…謎だらけな戯言についてはまた追々書くとしまして。


「あ、そういうことですか、そうですか。」

公式サイトにupされたアジアツアーDVDの詳細を見た時、
ここ最近で一番テンション下がりました、萎えました。
TAでチケットが落選した時以上に、萎えました。

そう、私が危惧していたことがそのまま現実となってしまったから。
そう、ライブ本編にドキュメンタリーが組み込まれる構成になってしまったから。

普通のライブDVDとして捉えるのではなく、公式に書かれてあるような
"ロードムービー的"な一つの映像作品として捉えるなら、
こういった構成も有り得る…のかも知れない。

だけど、私の中では受け入れ難いのです。
やっぱり、ステージはステージとして、一つの流れで味わいたいのです。ここは譲れない。

まぁ、観てもいないのに不満を並べていても仕方ないですね;;
とは言え、発売されてから暫くのあいだは
ドキュメンタリー部分を観ないでおくつもりですが(ぇ。

これ、ライブ本編のトラックだけ通して観れるとかいう仕様にならないですかね?
…って、そんなことは無理ですか、そうですか(汗)。

とりあえず、敢えてこの構成で出そうと思った理由を、
浜崎さんの口から語っていただきたい。これは是非とも聞きたい。

っていうか、そもそも何でドキュメンタリーを入れるのか、という疑問がありますが。
このあたりについては、また後日。


以上、某タワレコのポイントを使って、アジアツアーDVDを
タダで購入しようと企んでいるワタクシがお送りしましたよっと。


top > log >2008年3月